• ホーム >
  • 学生生活 >
  • 新着情報 >
  • 【令和6年度入学生向け・締切3/14】日本学生支援機構「給付奨学金」採用候補者の自宅外月額支給早期化に係る手続きについて

新着情報

24.03.06

【令和6年度入学生向け・締切3/14】日本学生支援機構「給付奨学金」採用候補者の自宅外月額支給早期化に係る手続きについて

令和6年度に宮城大学へ進学する日本学生支援機構「給付奨学金」採用候補者の方へ
 

令和6年度日本学生支援機構の給付奨学金の予約採用候補者のうち,自宅外通学であることの証明書類を提出できる場合は,進学届提出前の指定の期限内に必要書類を提出することで自宅外通学の審査をすることができます。
※アパート等の契約が間に合わない場合は,進学後に審査を申し込んでください。進学後に手続きをする場合,書類の提出から実際に自宅外通学月額で奨学金が振り込まれるまで,2~3か月程度かかることがあります。審査期間中は自宅通学の月額で奨学金が振り込まれ,自宅外通学が認められた月からの差額がまとめて振り込まれます。

申請を希望する方は,下記内容についてご確認のうえ,大学所定の期限までに手続きを行ってください。なお,本件は指定の期限内に証明書類等を提出し,かつ,証明書類等に不備がなく審査 が完了した場合に適用されるものです。

対象者

以下(1)~(4)の要件すべてに該当する方 
 

(1) 令和6年度の「給付奨学金」予約採用候補者で,「採用候補者決定通知」 を持っている方
(2) 令和6年度に宮城大学への進学が確定している(一般選抜前期日程での合格者の場合は,入学手続を必ず行う)方で,生計維持者と別居する先の物件と契約済の方
(3)

自宅外通学の要件に当てはまる(以下①~⑤のいずれか1つ以上に当てはまる)方
① 実家(生計維持者いずれもの住所)から大学までの通学距離が片道 60km 以上(目安)
② 実家から大学までの通学時間が片道 120 分以上(目安)
③ 実家から大学までの通学費が月 1 万円以上(目安)
④ 実家から大学までの通学時間が片道 90 分以上であり,通学時間帯に利用できる交通機関の運行本数が 1 時間あたり 1 本以下(目安)

⑤ その他やむを得ない特別な事情により,学業との関連で,実家からの通学が困難である場合

(4) 自宅外通学における証明書類(賃貸借証明書の写し等)を調えて,3 月 14 日(木) 16 時までに下記の提出先へ提出(窓口持参または郵送必着)できる方

提出物

(1) [給付様式 35]通学形態変更届(自宅外通学)
(2) 上記(1)の変更届裏面「自宅外通学要件確認チャート」でいずれかの「対象区分」 に当てはまることを確認の上,該当する「提出書類」のすべて
賃貸借契約証明書(個人間) 兼居住証明書 及び記入例
支払実績証明書 及び記入例
(3) 採用候補者決定通知(進学先提出用)の写し

提出期限

3月14日(木)16:00(窓口持参または郵送必着)
※書類に不備があった場合は,自宅外通学の月額反映が遅れることがあります。
 また,提出内容について,大学から照会することがあります。

提出先・問合せ先

看護学群・事業構想学群
(大和キャンパス)
学務課学生支援グループ 阿部
〒981-3298 宮城県黒川郡大和町学苑 1 番地 1
電話 022-377-8364 メール gakusei(a)myu.ac.jp
※メールの際は(a)を@にかえてご利用ください。
食産業学群
(太白キャンパス)

太白事務室教務・学生支援グループ 久米
〒982-0215 仙台市太白区旗立 2 丁目 2 番 1 号
電話 022-245-1051 メール f-kyoumu(a)myu.ac.jp
※メールの際は(a)を@にかえてご利用ください。

 

TOP