ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地ホーム > 学生生活 > 学費・奨学金

学費・奨学金

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年11月14日更新

学費 

入学金・授業料・諸経費

(平成28年度入学者の金額)

種類金額納入時期等
入学金宮城県内の方282,000円各募集要項に規定する入学手続期間内
宮城県外の方564,000円
授業料(年額)535,800円

入学後、5月(2年次以降は4月)と10月の2回に分けて納入

諸経費(実費負担)

実習関連費用等については、実費徴収されます。
詳細については入学手続時にお知らせします。
 【看護学部】
  88,374円(新入生)
  59,374円(編入生)
 【事業構想学部】
  59,440円
 【食産業学部】
  57,940円(新入生)
  35,710円(編入生)

(注)「宮城県内の方」とは、次のいずれかに該当する方をいいます。

  • 入学許可の日(合格発表の日)前1年間引き続き宮城県内に住所を有する方
  • 入学許可の日(合格発表の日)前1年間引き続き宮城県内に配偶者または1親等の直系尊属が住所を有する方

上記のほか、事業構想学部に入学することになった方は、一定の基準(入学者に別にお知らせしています)にあったノートパソコンを準備していただきます。

 

減免制度

経済的理由により授業料の納入が困難かつ学業成績優良な学生は、申請により、授業料の全額または半額を減免される場合があります。
「経済的理由により授業料の納入困難」には、生活保護法による被保護世帯、市町村民税の所得割額非課税世帯等が該当します。
指定期日までに所定の申請書を提出する必要があります。
添付書類は、家族状況調書と市区町村長が発行する家族全員の所得・課税証明書です。
所得・課税証明書は、6月下旬までに提出していただきます。
天災その他特別の事由により、授業料の納入が困難な場合にも、申請により、授業料の減免を受けられることがあります。
なお、東日本大震災被災世帯の学生に対する入学金及び授業料の減免については、こちらをご覧ください。⇒詳細


分割

一括して納入することが経済的に困難な学生は、申請により、分割納入ができる場合があります。
指定期日までに所定の申請書(家族状況調書、主たる家計支持者の源泉徴収票・所得税の確定申告書(控)を添付)を提出する必要があります。

奨学金制度

独立行政法人日本学生支援機構奨学金(貸与奨学金)

人物・学業ともに優秀かつ健康で学資の支弁が困難な学生に、申請により審査の上、奨学金が貸与されます。貸与期間は、採用月から標準修業年までです。

【学部生】
種類貸与月額(平成28年度)
第一種(無利子償還)自宅:3万円,4万5千円
自宅外:3万円,5万1千円
第二種(有利子償還)3万円,5万円,8万円,10万円,12万円

【大学院生】
種類貸与月額(平成27年度)
第一種(無利子償還)博士前期5万円,8万8千円
博士後期8万円,12万2千円
第二種(有利子償還)博士前期5万円,8万円,10万円,13万円,15万円
博士後期

詳しくは,独立行政法人日本学生支援機構のウェブサイトでご確認ください。

その他の奨学金

亀井記念財団(月額3万円)、庄慶会(月額5万2千円)等、毎年4月に学内掲示板で募集します。
なお、地方公共団体等で奨学制度を設けている場合がありますので、関係機関に直接お問い合わせください。


国の教育ローン

日本政策金融公庫では、入学時や在学時に必要な費用を対象に300万円を限度に保護者に融資しています。
詳しくは,日本政策金融公庫のウェブサイトでご確認ください。


外国人留学生向けの給付奨学金

文部科学省外国人留学生学習奨励費(月額4万8千円)、亀井記念財団(学部生:月額5万円,大学院生:月額6万円) 等、外国人留学生向けの奨学金は、毎年4月に学内掲示板で募集します。