ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地ホーム > 学生生活 > 大和・太白キャンパス 学生交流会を開催しました

大和・太白キャンパス 学生交流会を開催しました

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年12月10日更新

12月6日(土)、大和キャンパスにおいて、大和・太白キャンパス間学生交流会が行われました。この交流会は宮城大学の2つのキャンパスで学ぶ学生同士の親睦と相互理解を深め、大学としての一体感を醸成するために、学生会執行部が企画したもので、今年で3回目の開催となりました。
交流会のプログラムはドッジボール、すごろく、バレーボールの3部構成で、参加者はキャンパス・学年混成の6チームに分かれて取り組みました。また、最後にはサプライズプログラムとして30人31脚にもチャレンジしました。20m進むのに3分以上かかるという散々な結果でしたが、昨日までよく知らない間柄だった学生同士が脚を結わえて進み、両キャンパスの絆はしっかりと結ばれたようです。
球技の優勝チームへ西垣学長からのトロフィーが贈呈され、来年は太白キャンパスでの開催を約して一同記念写真におさまりました。


すごろくの様子バレーボールの様子

<写真>左:すごろくを囲む 右:チームプレイで挑むバレーボール

30人31脚の様子

表彰式の様子

<写真>左:30人31脚をサプライズで実施 右:球技の優勝チームには西垣学長よりトロフィーを贈呈
 

参加者の集合写真記念撮影