ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地ホーム > 学生生活 > 宮城大生リアルライフ(大和キャンパス一人暮らしの場合)

宮城大生リアルライフ(大和キャンパス一人暮らしの場合)

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年8月28日更新

講義と実習のかたわらサークル活動!毎日にメリハリをつけ、夢にまい進

看護一人暮らし


看護学部
看護学科 3年
佐々木 達彦 さん
宮城県仙台向山高等学校出身

付属病院を持たないため、さまざまな病院で実習を積み見識を深められると宮城大学を選択。軽音楽とテニスサークルに所属。他大学と比べて人数が少ないぶん、縦と横のつながりが濃いことがお気に入り。

軽音楽サークルのまとめ役 !

看護_一人暮らし僕が代表を務める軽音楽サークルは、1年生から4年生まで合わせて150人という大所帯。他大学との合同ライブイベントを開催したり、学外でも積極的に活動しています。本格的な機材を使い、音響や照明もこだわっています!

看護の現場を実体験。

看護_一人暮らし2年生の夏休みに行われた、2週間の病院実習。術後のリハビリに励む患者さんを担当させていただき、足湯の提案など短い時間の中で僕なりにできることを考えた日々でした。同時に、直にコミュニケーションを取る難しさを実感。

普段の時間割 ・ 目標への挑戦

大和時間割時間割と目標リンク

大和目標への挑戦

Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
お持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)