ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地ホーム > 学生生活 > 授業料の納付について

授業料の納付について

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年3月12日更新

1 納付額及び納付期限,納付方法について

納付額及び納付期限(平成31年度)

 授業料は,年額535,800円を前期・後期の2回に分けて納付いただきます。口座振替を希望された方については,郵送による通知は省略しておりますので,あらかじめご了承ください。

前期後期
納付金額金267,900円金267,900円

納付期限
(口座振替日)

平成31年5月31日(金曜日)
(減免審査等による特例)

平成31年10月31日(木曜日)

納付方法について

 授業料は,口座振替または指定口座への振込にて納付いただきます。

口座振替の場合

  • 口座振替による納付を希望される場合は,事前に振替口座(七十七銀行の口座に限る)の届出が必要です。口座振替に必要な書類は,大学事務局窓口にて配付いたしますので,その後七十七銀行及び本学における手続きを終えてください。
  • 振替口座の届出がされた学生については,口座振替日に,自動引き落としにより納付金額分を徴収しますので,前日までに残高を確保するようにしてください。
  • 授業料の口座振替が行われた場合,記帳には「ミヤギダイガク」と表示されます。
  • 領収書が必要な場合は,別途申請が必要です。事務局窓口にて申請してください。

指定口座への振込の場合

  • 納付期限の2週間前頃に,郵送で振込依頼書を学生の住所宛に送付しますので,振込依頼書を用いて,金融機関にて納付ください。 なお,振込手数料は納付者負担となりますので,あらかじめご了承ください。
  • やむを得ずATM等により振込をされる場合は,必ず振込主名義に学籍番号と氏名を入力してください。
  • ATM等により入金された場合,入金の確認できる書類の提示を求めることがあります。

授業料の未納について

  • 口座振替の場合,翌月末に届け出のあった口座より,再度振替を行います。
  • 指定口座への振込の場合,お手元の振込依頼書を用いて金融機関より納付ください。
  • 授業料が未納の状態が続きますと,最終的に除籍扱いとなりますので,十分ご注意ください。

2 授業料の免除について

 経済的理由等により授業料の納付が困難な世帯の学生に対し,授業料免除制度を設けています。詳細は,授業料免除要項をご確認ください。

制度名制度の概要
授業料免除

【通常枠】経済的理由により授業料の納付が困難で,かつ,学業成績が優良であると審査により認められた学生について,授業料の全額または半額を免除します。
【震災枠】東日本大震災被災世帯の学生に対し,被災の程度に応じ,授業料の全額または半額を免除します。

授業料納付猶予・授業料分割納付

経済的理由により,本来の納付期限まで授業料の一括納付が困難な学生については,納付の猶予または分割の納付をすることができます(納付猶予と分割納付を同時にすることはできません)。

平成31年度前期授業料免除要項

 平成31年度前期授業料免除要項 [PDFファイル/488KB]

  • 事務局窓口でも同様の資料を配付しております。
  • 申請書類は必ず期日までに提出してください。期日経過後の申請は認めません。

問い合わせ先

大和キャンパス 学生支援グループ     022-377-8215
太白キャンパス 教務・学生支援グループ 022-245-1139

Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
お持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)