• ホーム >
  • ニュース >
  • メディア掲載・出演情報を更新しました(11/24・11/8河北新報,11/19ウェザーニュース,10/31みやぎ工業会レポート,10/20公衆衛生情報みやぎ)

メディア掲載・出演情報

※教員職位は,発行・放送年月日時点での職位

2020年度

12月(予定)

 

発行
放送日等

メディア 概要 取材対象
12月1日

図書出版 昭和堂『農業と経済』2020年12月臨時増刊号52-59頁

「特集:ポストコロナ時代の日本農業―何がどう変わる/世界的変動の先を見通す」うち52-59頁「コロナリスクで顕在化したフードシステムの問題点――急性疾患・慢性疾患・生活習慣」を食産業学群三石教授が執筆。 食産業学群
教授
三石 誠司

11月

 

発行
放送日等

メディア 概要 取材対象
11月24日 河北新報 「震災前の志津川の街並み再現 宮城・南三陸で模型展示」として,東日本大震災前の宮城県南三陸町志津川地区を再現した模型を展示する「ふるさとの記憶2020」が紹介された。 事業構想学群
助教
友渕 貴之

教授
中田 千彦
11月20日 JA.com農業協同組合新聞【電子版】コラム,グローバルとローカル:世界は今 食産業学群三石教授がコラム「『もみじ』と『かえで』」を執筆した。 食産業学群
教授
三石 誠司
11月19日 ウェザーニュース 「ボジョレー・ヌーヴォーは、なぜ特殊なワインなのか?」と題した記事が掲載,食産業学群金内教授に取材した内容が掲載された。 食産業学群
教授
金内 誠
11月13日 JA.com農業協同組合新聞【電子版】コラム,グローバルとローカル:世界は今 食産業学群三石教授がコラム「国際大豆マーケットの集中度」を執筆した。 食産業学群
教授
三石 誠司
11月13日 税務経理第 9883号1面
(時事通信社)
宮城大学事業構想学群の田邉信之教授が「将来を予測することの難しさ」と題する巻頭言「フォーラム」を掲載。ノーベル経済学賞受賞者のダニエルカーネマン教授の行動経済学の視点や経営学の重鎮である故P.F.ドラッカー教授の見解を踏まえ,新型コロナ拡大の経済的影響の予測の難しさを論述。 事業構想学群
教授
田邉 信之
11月8日 河北新報22面 「コロナ禍観光情報発信が鍵,気仙沼高,課題探究活動,多彩なテーマで発表」と題した記事が掲載,高大連携推進室長である笠原教授のコメントが紹介された。  高大連携推進室長
笠原 紳
11月7日 東京新聞 「<ふくしまの10年・地図に残してはいけない仕事>(10)出口見えぬ帰還困難区域」と題した記事が掲載された。東京電力福島第一原発事故に伴う除染や汚染土を長期保管する中間貯蔵施設で,環境省のリーダーを務めてきた経験をインタビューした記事,全10回。 事業構想学群
教授
小沢 晴司
11月6日 JA.com農業協同組合新聞【電子版】コラム,グローバルとローカル:世界は今 食産業学群三石教授が,コラム「日本と中国の妙」を執筆した。 食産業学群
教授
三石 誠司
11月6日 東京新聞 「<ふくしまの10年・地図に残してはいけない仕事>(9)進まぬ汚染土の再利用」と題した記事が掲載された。東京電力福島第一原発事故に伴う除染や汚染土を長期保管する中間貯蔵施設で,環境省のリーダーを務めてきた経験をインタビューした記事,全10回。 事業構想学群
教授
小沢 晴司
11月5日 東京新聞 「<ふくしまの10年・地図に残してはいけない仕事>(8)除染PR あの手この手」と題した記事が掲載された。東京電力福島第一原発事故に伴う除染や汚染土を長期保管する中間貯蔵施設で,環境省のリーダーを務めてきた経験をインタビューした記事,全10回。 事業構想学群
教授
小沢 晴司
11月4日 東京新聞 「<ふくしまの10年・地図に残してはいけない仕事>(7)見切り発車の中間貯蔵」と題した記事が掲載された。東京電力福島第一原発事故に伴う除染や汚染土を長期保管する中間貯蔵施設で,環境省のリーダーを務めてきた経験をインタビューした記事,全10回。 事業構想学群
教授
小沢 晴司
11月3日 東京新聞 「<ふくしまの10年・地図に残してはいけない仕事>(6)信頼裏切った収賄事件」と題した記事が掲載された。東京電力福島第一原発事故に伴う除染や汚染土を長期保管する中間貯蔵施設で,環境省のリーダーを務めてきた経験をインタビューした記事,全10回。 事業構想学群
教授
小沢 晴司
11月1日 河北新報14面

「拓く 宮城の未来-地域の実践者たち」と題した特集記事において事業構想学群小地沢准教授が東日本大震災以降の移住促進のあり方について提言を行った。

事業構想学群
准教授
小地沢 将之
11月1日

広報とみや11月号,No646-5P

「公立大学法人宮城大学(包括連携協定),大学と自治体が本気で挑む地域人材教育,地域の本質を学ぶ機会を共に創造」とした事業構想学群佐々木准教授の記事が掲載された。 事業構想学群
准教授
佐々木 秀之

10月(30件)

 

発行
放送日等

メディア 概要 取材対象
10月31日 M.I.A Report みやぎ工業会レポート vol.139,2P 「コロナ禍のピンチはチャンス!宮城,仙台を高度人材集積地に!」と題した,川上学長による記事が掲載された。 宮城大学長
川上 伸昭
10月31日 東京新聞 「<ふくしまの10年・地図に残してはいけない仕事>(5)住民も職員も苦しんだ」と題した記事が掲載された。東京電力福島第一原発事故に伴う除染や汚染土を長期保管する中間貯蔵施設で,環境省のリーダーを務めてきた経験をインタビューした記事,全10回。 事業構想学群
教授
小沢 晴司
10月30日 (一社)不動産証券化協会,不動産証券化ハンドブック2020 不動産証券化協会編「不動産証券化ハンドブック」の「Chapter1不動産証券化総論」(P5~22)を,宮城大学事業構想学群・田邉信之教授が執筆。不動産証券化の概要から機能,経済・産業との関わり,実務の仕組み,市場の潮流に至るまでの大きな枠組みを総括的に述べている。同ハンドブックは,市場関係者必携の書として幅広く活用されているものである。 事業構想学群
教授
田邉 信之
10月30日 (一社)不動産証券化協会,不動産証券化協会認定マスター 2020年新規認定者のための特別冊子 (一社)不動産証券化協会が2020年に新たに認定された「不動産証券化マスター」(711名)のために出版した特別冊子の「第Ⅰ部新マスター歓迎誌上セレモニー,新マスターへの期待」に,同協会の教育・資格制度委員長である宮城大学事業構想学群の田邉信之教授のメッセージが掲載されています。不動産証券化マスターは,不動産金融業界を中心とする多様な業界の方々が毎年1000名以上受講し,約8,700名が既に保有する有力資格です。宮城大学事業構想学群・田邉 信之 教授が2007年12月に発表した論文「金融商品取引法への対応」も掲載されています(P82-85)。 事業構想学群
教授
田邉 信之
10月30日

二宮書店,地理月報559号P4-7

食産業学群三石教授が,特集「大豆から考える国際理解『大豆から世界と日本を見る』」を執筆した。 食産業学群
教授
三石 誠司
10月30日 東京新聞 「<ふくしまの10年・地図に残してはいけない仕事>(4)怒りや不信感に直面」と題した記事が掲載された。東京電力福島第一原発事故に伴う除染や汚染土を長期保管する中間貯蔵施設で,環境省のリーダーを務めてきた経験をインタビューした記事,全10回。 事業構想学群
教授
小沢 晴司
10月30日 JA.com農業協同組合新聞【電子版】コラム,グローバルとローカル:世界は今 「『古い』モノと『新しい』形」と題した食産業学群三石教授のコラムが掲載された。 食産業学群
教授
三石 誠司
10月29日 東京新聞 「<ふくしまの10年・地図に残してはいけない仕事>(3)前代未聞の除染作業」と題した記事が掲載された。東京電力福島第一原発事故に伴う除染や汚染土を長期保管する中間貯蔵施設で,環境省のリーダーを務めてきた経験をインタビューした記事,全10回。 事業構想学群
教授
小沢 晴司
10月28日 東京新聞 「<ふくしまの10年・地図に残してはいけない仕事>(2)降って湧いた『長期出張』」と題した記事が掲載された。東京電力福島第一原発事故に伴う除染や汚染土を長期保管する中間貯蔵施設で,環境省のリーダーを務めてきた経験をインタビューした記事,全10回。 事業構想学群
教授
小沢 晴司
10月27日 東京新聞 「<ふくしまの10年・地図に残してはいけない仕事>(1)原発事故との奇妙な縁」と題した記事が掲載された。東京電力福島第一原発事故に伴う除染や汚染土を長期保管する中間貯蔵施設で,環境省のリーダーを務めてきた経験をインタビューした記事,全10回予定。 事業構想学群
教授
小沢 晴司
10月26日 環境省ウェブサイト 「ふくしまグリーン復興推進協議会及びシンポジウムの開催について」としてパネルディスカッションで事業構想学群小沢教授が登壇,その様子が動画で公開されている。 事業構想学群
教授
小沢 晴司
10月23日 JA.com農業協同組合新聞【電子版】コラム,グローバルとローカル:世界は今 「ポテトチップスと選択肢」と題した食産業学群三石教授のコラムが掲載された。 食産業学群
教授
三石 誠司

10月23日

荘内日報 「格子状ネット重要性再確認,早期整備向け機運醸成図る」と題した記事が掲載,「高速道路・地域高規格道路整備促進セミナー」において,事業構想学群徳永教授のコメントが紹介された。 事業構想学群
教授
徳永 幸之
10月22日 KHB東日本放送チャージ! 「県内中学生,不登校5年連続全国ワースト,全生徒に対する割合5.1%,居場所や絆づくりで対策を」としたニュースで,看護学群相樂准教授がインタビューを受けた内容が紹介された。 看護学群
准教授
相樂 直子
10月20日 公衆衛生情報みやぎ2020,11月号,1~5P 「東日本大震災からの農業・農村の復興-宮城県における震災復興を事例として-」とした事業構想学群郷古教授の記事が掲載された。 事業構想学群
教授
郷古 雅春
10月17日 河北新報 「火災予防に若者の目,宮城大生と大博消防署,デジタル作品 啓発へ」と題した記事が掲載,先日行われた感性情報デザイン演習Ⅲの内容が紹介された。 事業構想学群
准教授
鈴木 優

地域連携センター
10月16日 JA.com農業協同組合新聞【電子版】コラム,グローバルとローカル:世界は今 「Going Local」と題した食産業学群三石教授のコラムが掲載された。 食産業学群
教授
三石 誠司
10月15日 BSテレ東「主治医が見つかる診療所」 「血管若返り&がん予防食材・腸ドック・発酵食品SP/善玉菌を増やして免疫力をアップする!発酵食品検定」として,食産業学群金内教授がVTR出演した。 食産業学群
教授
金内 誠
10月15日 産経デジタル izaイザ-ニュースの確信わかりやすく 「実現間近?個人の遺伝子に合わせた未来食」として,食産業学群石川教授のコメントが紹介された。 食産業学群
教授
石川 伸一
10月12日 PR TIMES

「台日工芸展が六本木で開幕 台日工芸作品の魅力を発信」として,10/10~10/14六本木AXISギャラリーで開催されている「ハイブリッド・クラフト展 ークラフトの新たな未来」の様子が紹介された。

事業構想学群
教授
土岐 謙次
10月12日 zakzak by 夕刊フジ

「【食と健康 ホントの話】実現間近?個人の遺伝子に合わせた未来食」として,食産業学群石川教授へのインタビュー内容が紹介された。

食産業学群
教授
石川 伸一
10月9日 JA.com農業協同組合新聞【電子版】コラム,グローバルとローカル:世界は今 「ヒトはどこまで肉を作り,食べるのか」と題した食産業学群三石教授のコラムが掲載された。 食産業学群
教授
三石 誠司
10月5日 文部科学情報,週刊文教ニュース,50面 「特別シリーズ,科学技術振興機構『さくらサイエンスプラン』友情と感激」として,食産業学群と国際交流・留学生センターで実施したキングモンクット工科大学(タイ)との交流事業について紹介された。 国際交流
・留学生センター


基盤教育群
曾根 洋明
10月5日 夕刊フジ 「【食と健康 ホントの話】揚げ物のおいしさの科学と油を減らす調理法」として,食産業学群の石川教授へのインタビュー内容が掲載された。 食産業学群
教授
石川 伸一
10月5日

不動産経済ファンドレビュー

No.544-1面(不動産経済研究所)

事業構想学群・田邉信之教授の論文「新型コロナ感染拡大の経済的影響」が掲載された。新型コロナ感染拡大の経済的側面からの影響を整理し,日銀や政府による対策の効果を検証した上で,マネーストックの膨張の懸念について指摘。 事業構想学群
教授
田邉 信之
10月3日

河北新報朝刊

仙台市内の助産院の嘱託医不在解消による意義や影響について,看護学群塩野教授が所属団体代表として取材を受け,その内容が掲載された。

看護学群
教授
塩野 悦子
10月2日 JA.com農業協同組合新聞【電子版】コラム,グローバルとローカル:世界は今 「アタマと身体のバランス」と題した食産業学群三石教授のコラムが掲載された。 食産業学群
教授
三石 誠司
10月 メディカ出版,

ぺリネイタルケア2020年10月号

Vol.39 No.10 
通巻523号

「特集:周産期キーワード30 アップデート 最新&レベルアップの知識で助産力を磨く」で,看護学群塩野教授が《産後クライシス》について解説。“助産師のケアにこう生かす”というポイントをわかりやすく示し,すぐに実践に結びつけることができるように執筆しています。

看護学群
教授
塩野 悦子
10月1日 日経クロストレンド 「日清食品,大塚HDら大手6社,ベンチャー協業でフードテック推進」とした記事が掲載,食産業学群石川教授がメンターを務めた「Food Tech Studio-Bites!」の様子が紹介されている。 食産業学群
教授
石川 伸一
10月1日 INFECTION CONTROL11, vol29, 2020,P5-9 新型コロナウイルス(COVID-19)対策における実践ポイント-特集1高齢者施設における新型コロナウイルス感染対策改善アクションチェックリストを活用しよう!」として,松永特任講師が作成した「高齢者施設(特別養護老人ホーム/介護老人保健施設)における新型コロナウイルス感染対策改善アクションチェックリスト」が紹介された。 特任講師 
松永 早苗
10月1日

ARES不動産証券化ジャーナル

Vol.57

不動産証券化協会の機関誌である不動産証券化ジャーナルに宮城大学事業構想学群田邉教授の論文「平成年間の不動産証券化市場の歩みと今後の展望(3)」が掲載,同論文は,1990年代後半から急成長した不動産証券化市場の歴史を振り返ることを通じて,低迷する日本経済において,なぜこうしたイノベーションが生まれたのか,いかにして世界金融危機などを乗り越えてきたのかを明らかにするとともに,そこから得られるインプリケーションや将来の持続的な成長のために必要な要素を探るものです。

事業構想学群
教授
田邉 信之
10月(予定)

誠信書房「消費者の心理をさぐる 人間の認知から考えるマーケティング」

人間の認知という視点から消費者行動について理解する。購買意欲をかき立てるコマーシャルやバナー広告などを,心理学を応用したマーケティングの見地から解説。企業の広告担当者必見の書。元木 康介(食産業学群 助教)が,第3章「視線・脳機能計測による消費者行動研究」を執筆。 食産業学群
助教
元木 康介

9月(17件)

 

発行
放送日等

メディア 概要 取材対象
9月26日 KHB東日本放送「カミナリが行く!宮城㊙グルメドライブ」 「南三陸わかめ羊 マボロシの肉」と題して,食産業学群大竹教授が取り組んだ,わかめ羊ができるまでの内容が紹介された。 食産業学群
教授
大竹 秀男
9月25日 JA.com農業協同組合新聞【電子版】コラム,グローバルとローカル:世界は今 「コメ作況指数120」と題した食産業学群三石教授のコラムが掲載された。 食産業学群
教授
三石 誠司
9月20日 公衆衛生情報みやぎ10月号No.509,1P-4P 震災・復興特集「磯焼け対策の藻場ブロックの開発」として,食産業学群北辻教授が漁礁ブロックの試作,海洋への設置,海水の分析などを行った内容を紹介した。 食産業学群
教授
北辻 政文
9月20日 公衆衛生情報みやぎ10月号No.509,5P-8P 食特集「仙台牛肉の凄さとその遺伝的な改良」として,食産業学群須田教授が,“和牛”の98%を占める黒毛和種の品種が,どのように遺伝的な改良がなされて開発されたか,その肉質の特徴と「仙台牛」のブランドを支える背景について紹介。 食産業学群
教授
須田 義人
9月18日 JA.com農業協同組合新聞【電子版】コラム,グローバルとローカル:世界は今 「米国のトウモロコシ、収穫開始!」と題した食産業学群三石教授のコラムが掲載された。 食産業学群
教授
三石 誠司

9月18日

読売新聞 「大学やっと対面授業,オンライン併用し対策,新型コロナ」として,9月17日より再開した対面授業の様子が紹介された。 宮城大学

9月17日

KHB NEWS

「やっと,コロナ禍で前期は登校できず・・・・宮城大学で対面授業を再開」として,9月17日より再開した対面授業の様子が紹介された。

宮城大学
9月14日 仙台放送 Live News it! 「仙台牛の魅力と推奨される食べ方 ~すき焼きの実演~」として,COVID-19感染拡大に伴って飲食店や団体顧客が減少し,消費低迷が続いている中で,超高級ブランド牛肉「仙台牛」の個人消費を如何に伸ばすかの展望と,家庭で推奨される食べ方について,仙台牛肉の特質を解説しながらすき焼きの実演を行う様子が放送された。 食産業学群
教授
須田 義人
9月11日 JA.com農業協同組合新聞【電子版】コラム,グローバルとローカル:世界は今 「食を求めて徒歩で日帰り往復64km」と題した食産業学群三石教授のコラムが掲載された。 食産業学群
教授
三石 誠司
9月6日 福島民報24面 「官民一丸,整備へ意見交換。磐梯朝日国立公園指定70周年,式典やシンポ」と題した記事が掲載,事業構想学群小沢教授がシンポジウムでコーディネーターを務める様子が紹介された。 事業構想学群
教授
小沢 晴司
9月4日 福島民友16面 「磐梯朝日国立公園指定70周年,明日,記念式典・シンポジウム開催」として,事業構想学群小沢教授がシンポジウムでコーディネーターを務める内容について紹介された。 事業構想学群
教授
小沢 晴司
9月4日 JA.com農業協同組合新聞【電子版】コラム,グローバルとローカル:世界は今 「『風が吹けば桶屋が...』ではないが...、他人事ではない」と題した食産業学群三石教授のコラムが掲載された。 食産業学群
教授
三石 誠司
9月1日

名取市市民活動支援センター情報紙「なとセンだより2020年9月号」1面,3面

事業構想学群小地沢准教授が基調講演を行う第6回名取市市民活動フォーラム「『
好きな名取と生きていく』~はじめよう,つづけよう,コロナ禍後のまちづくり~」に関する紹介と,小地沢准教授がこれまで取り組んできたまちづくり活動に関するインタビュー記事が掲載された。

事業構想学群
准教授
小地沢 将之
9月1日

ニッポンの農林水産業に元気を,Agrio第319号P9-10

三石 誠司(宮城大学食産業学群教授)がP9-10,アグリ討論席を担当。「『醤油』と『カクテルパーティー効果』 」と題し,世界のマーケットでの「醤油」 から読み取るグローバル「醤油」マーケット に対する,日本の醤油研究の現状が記されている。 食産業学群
教授
三石 誠司
9月1日

蕃山房「地域開発と駅裏」東北各県都にみる地域形成の不均衡と持続可能性への視座

地域開発の展開について,駅裏に着目し,明治期から現在までの経緯をまとめた論考。明治期における鉄道停車場の設置メカニズム,昭和期における工場立地や東北地方の窮乏,戦後における土地区画整理事業による再開発など,多様なテーマを取り上げながら,駅裏の成立から現在に至る再開発までを明らかにしている。 事業構想学群
准教授
佐々木 秀之
9月1日

税務経理第9866号1面(時事通信社)
 

宮城大学事業構想学群の田邉信之教授が「新型コロナ感染拡大と金融緩和」と題する巻頭言「フォーラム」を掲載。新型コロナ感染拡大に対する金融緩和は極めて重要なものの,一方で世の中に流通する通貨量が,膨れ上がってきていることに対する警戒感を怠らないことも必要である旨を提言。 事業構想学群
教授
田邉 信之
9月(予定) ミネルヴァ書房「

新・公共経営論 事例から学ぶ市民社会のカタチ」

NPO法制定から20有余年,その間の公共経営を振り返り,行政の果たしてきた役割や市民活動,NPOが担う社会課題への取組みなどを紹介。石田 祐(事業構想学群 准教授)が第1章「市場の失敗,政府の失敗,NPOの失敗」を執筆。 事業構想学群
准教授
石田 祐

8月(33件)

 

発行
放送日等

メディア 概要 取材対象
8月31日 日刊建設産業新聞 国土交通省は24日,25日の2日間にわたって「官民連携事業の推進のための東北地方ブロックプラットフォーム」の「PPP/PFI研修」をWEB会議並びに各現地会場で開催した。多数の自治体,金融機関などが参加し,2日目には自治体のサウンディング検討案件につき意見交換を実施。NPO法人とうほくPPP・PFI協会・専務理事の川村巖氏がコメンテーターとなった。東北ブロック座長の田邊信之宮城大学教授は「地公体のPPP/PFIへの理解が深まり,中小自治体への普及が顕著で,官民連携をねらいとするプラットフォームの研修による情報,意見の交換により導入の流れが加速することに期待したい」と総評した。

事業構想学群
教授
田邉 信之

8月30日 河北新報22面

「<東北の本棚>活性化の手法,実践的に」として,5月28日に発売された事業構想学群小地沢准教授の著書「まちづくりプロジェクトの教科書」が紹介された。

事業構想学群
准教授
小地沢 将之
8月28日

㈱長谷工総合研究所CRI No.505

田邉 信之 (事業構想学群教授)の論文「コロナ・ショックと不動産市場」が掲載されました。新型コロナ感染拡大の影響を,不動産市場,不動産業の経営状況,金融市場の3つの観点から分析し,それぞれに与える影響と今後の留意事項について提言しています。 事業構想学群
教授
田邉 信之
8月28日 JA.com農業協同組合新聞【電子版】コラム,グローバルとローカル:世界は今

「『家畜アラート』こそ、必要ではないか」と題した食産業学群三石教授のコラムが掲載された。

食産業学群
教授
三石 誠司
8月27日 TBC「Nスタみやぎ」

「”極端な天候”が影響,野菜価格高騰の夏」と題したニュースで,食産業学群齊藤助教がコーヒーかすの堆肥使用について紹介した。

食産業学群
助教
齊藤 秀幸
8月25日 仙台経済界2020,9-10月号,84~85P 「蔵王版地方創生プロジェクトが宮城大学事業構想学部(群)の授業に登場」とした事業構想学群郷古教授の記事が掲載された。 事業構想学群
教授
郷古 雅春
8月22日 デーリー東北21面 「小沢元所長が来社,任期3年振り返る,環境省東北地方環境事務所7月退任」と題しtら記事が掲載,事業構想学群小沢教授のコメントが紹介された。 事業構想学群
教授
小沢 晴司
8月21日 河北新報 「クローバー餌の養殖ウニ『あっさり食感』 宮城大で試食会」と題した記事が掲載,クローバーウニ(クローバーなどマメ科植物を餌としてウニを肥育する技術を開発)の取組が紹介された。 食産業学群
助教
片山 亜優
8月21日 JA.com農業協同組合新聞【電子版】コラム,グローバルとローカル:世界は今 「何となく『わかっている』ことを10年続けられるかどうか...」と題した食産業学群三石教授のコラムが掲載された。 食産業学群
教授
三石 誠司
8月20日 地域みっちゃく生活情報誌とみぃず!2020.9月号24P

「『児童虐待防止みやぎ』運動,児童虐待のない宮城県へ。母子保健活動などを通して虐待予防に取り組む『保健師』の存在」として,看護学群坂東助教・佐藤助教へのインタビュー記事が掲載された。

看護学群 
助教 
坂東 志乃
佐藤 泰啓
8月20日 NHKてれまさむね
「クローバー食べたウニの試食会」として,クローバーウニ(クローバーなどマメ科植物を餌としてウニを肥育する技術を開発)の取組が紹介された。
食産業学群
助教
片山 亜優
8月20日 TBC東北放送 「海藻ではなくクローバーで養殖,クローバーウニ試食会」として,クローバーウニ(クローバーなどマメ科植物を餌としてウニを肥育する技術を開発)の取組が紹介された。 食産業学群
助教
片山 亜優
8月20日 仙台放送 「クローバーをエサにしたウニ養殖。天然ウニと食べ比べも!試食会」として,クローバーウニ(クローバーなどマメ科植物を餌としてウニを肥育する技術を開発)の取組が紹介された。 食産業学群
助教
片山 亜優
8月20日 フジテレビ「めざましテレビ」 「食中毒にならないための冷蔵庫の活用法について」として,食産業学群金内教授が暖かい料理の保存法や,冷蔵庫の開け閉め,冷蔵庫の使い方などを解説した。 食産業学群
教授
金内 誠
8月19日 テレビ朝日「グッド!モーニング」 テイクアウト食品・弁当の食中毒のリスクについて,食産業学群金内教授が解説した。 食産業学群
教授
金内 誠
8月18日 朝日新聞29面 「やかんの水あかにご注意,思わぬ食中毒/微量の銅が蓄積/『安全な水道』でも/『自意識が低下』」と題した記事が掲載,食産業学群金内教授のコメントが掲載された。 食産業学群
教授
金内 誠
8月18日 CBCテレビ「ゴゴスマ~GOGO!Smile!」 週刊女性(8/11号)から,食材の食中毒について解説。食中毒にならないための冷蔵庫の活用法や,暖かい料理の保存法などを紹介。 食産業学群
教授
金内 誠
8月16日 東洋経済ONLINE

「冷蔵庫の中で『食中毒菌』を増やす人のNGな行動,『ドアポケに卵』など落とし穴がいっぱい」と題した記事が掲載,記事内で食産業学群金内教授によるカンピロバクター菌に関するコメントが紹介された。

食産業学群
教授
金内 誠
8月15日 医学書院「国際看護学入門第2版」 松永早苗(看護学群特任講師)日本国際看護学会編集委員として編集に携わる他,Ⅲ方法論 基本編4. 地域での看護活動d. 感染性疾患を執筆した。 看護学群
特任講師
松永 早苗
8月15日 ミヤギテレビ報道特別番組「古地図でたどる戦争の記憶 ~仙台空襲から75年~」 価値創造デザイン学類・地域創生学類選択科目「サスティナブルデザイン」履修者と,小地沢研究室の学生で仙台空襲後に行われた戦災復興都市計画を巡るフィールドワークを行った模様が放送された。 事業構想学群
准教授
小地沢 将之
8月14日 福島民報 「磐梯朝日国立公園指定70周年 9月5日記念シンポ」として,事業構想学群小沢教授によるパネルディスカッションの様子が紹介された。 事業構想学群
教授
小沢 晴司
8月14日 JA.com農業協同組合新聞【電子版】コラム,グローバルとローカル:世界は今 「暑い...」と題した食産業学群三石教授のコラムが掲載された。 食産業学群
教授
三石 誠司
8月12日 毎日小学生新聞1面 「どうする?災害時の食,日常の延長で考える,保存食の使い方は」と題した食産業学群石川教授の記事が掲載された。 食産業学群
教授
石川 伸一
8月11日 文部科学省,学校に関する状況調査,取組事例等 「大学における新型コロナウイルス感染症対策の好事例について『新たな生活様式』を踏まえた対面授業の実施」として,本学の新型コロナウイルス感染症対策が紹介された。 宮城大学

8月8日

テレビ朝日「ごはんジャパン」 番組構成に際し「家庭でできる本格イタリアン」として,夏野菜の効用について助言した。 食産業学群
助教
齊藤 秀幸 
8月7日

CAREER INTERCOLLEGE2020

導入大学の紹介として,本学のインターンシップの取組が紹介された。 キャリア・インターンシップセンター
8月7日 JA.com農業協同組合新聞【電子版】コラム,グローバルとローカル:世界は今 「シャネルの5番・禁酒法とレーズン・大豆」と題した食産業学群三石教授のコラムが掲載された。 食産業学群
教授
三石 誠司
8月7日 exciteニュース 「冷蔵庫の『ドアポケに卵』『収納グッズ多用』は危険! 食中毒菌が増える“NG行動”」と題した記事が掲載,記事内で食産業学群金内教授によるカンピロバクター菌に関するコメントが紹介された。 食産業学群
教授
金内 誠
8月7日 livedoorニュース 「冷蔵庫の『ドアポケに卵』『収納グッズ多用』は危険! 食中毒菌が増える“NG行動”」と題した記事が掲載,記事内で食産業学群金内教授によるカンピロバクター菌に関するコメントが紹介された。 食産業学群
教授
金内 誠
8月6日 松戸市高齢者の元気応援・介護情報サイト「まつどDEいきいき高齢者」 看護学群松永特任講師による「高齢者施設(特別養護老人ホーム/介護老人保健施設)における新型コロナウイルス感染対策改善アクションチェックリスト」が掲載された。 看護学群
特任講師
松永 早苗
8月5日 福島民友3面 「東北の活性化へ,観光業などに力,小沢宮城大教授が抱負」と題した記事が掲載された。 事業構想学群
教授
小沢 晴司
8月1日 仙台経済界
臨時増刊号
2020年下期版P51
「【コラム】宮城大学 デザイン研究棟完成」と題した記事が掲載,先日完成披露したデザイン研究棟について紹介されている。 デザイン研究棟
8月1日

ARES不動産証券化ジャーナル Vol.56

田邉 信之(事業構想学群教授)の論文「平成年間の不動産証券化市場の歩みと今後の展望(3)」が掲載されました。同論文は,1990年代後半から急成長した不動産証券化市場の歴史を振り返ることを通じて,低迷する日本経済において,なぜこうしたイノベーションが生まれたのか,いかにして世界金融危機などを乗り越えてきたのかを明らかにするとともに,そこから得られるインプリケーションや将来の持続的な成長のために必要な要素を探るものです。 事業構想学群
教授
田邉 信之

7月(29件)

 

発行
放送日等

メディア 概要 取材対象
7月31日 JA.com農業協同組合新聞【電子版】コラム,グローバルとローカル:世界は今 「食べ方の前にそびえる『〇〇の壁』」と題した食産業学群三石教授のコラムが掲載された。 食産業学群
教授
三石 誠司
7月31日 建設通信新聞6面 「宮城県/日本一の高技専門校へ/5校集約し機能強化/3月までに再編整備計画」と題した記事が掲載された。「県立高等技術専門校の整備のあり方について」について,宮城県職業能力開発審議会(会長:宮城大学 事業構想学群 田邉信之教授,キャリア・インターンシップセンター長)が,宮城県行政庁舎で村井知事に行った答申が紹介された。

事業構想学群 
教授

キャリア・
インターンシップ
センター長

田邉 信之

7月31日

河北新報3面 「宮城県高技専再編,5校統合し1校新設,審議会が答申」と題した記事が掲載された。「県立高等技術専門校の整備のあり方について」について,宮城県職業能力開発審議会(会長:宮城大学 事業構想学群 田邉信之教授,キャリア・インターンシップセンター長)が,宮城県行政庁舎で村井知事に行った答申が紹介された。

事業構想学群 
教授

キャリア・
インターンシップ
センター長

田邉 信之
7月30日 KHBニュース 「定員の大幅割れ続く宮城県の高技専 1校集約が妥当」として,「県立高等技術専門校の整備のあり方について」について,宮城県職業能力開発審議会(会長:宮城大学 事業構想学群 田邉信之教授,キャリア・インターンシップセンター長)が,宮城県行政庁舎で村井知事に行った答申が紹介された。

事業構想学群 
教授

キャリア・
インターンシップ
センター長

田邉 信之
7月30日 NHKニュース

令和元年12月12日に村井知事より諮問を受けた「県立高等技術専門校の整備のあり方について」について,宮城県職業能力開発審議会(会長:宮城大学 事業構想学群 田邉信之教授,キャリア・インターンシップセンター長)が,宮城県行政庁舎で村井知事に答申を実施。同審議会では,産業界のニーズを踏まえた訓練科の設置,障害者や外国人など新たな対象者への訓練の拡大,老朽化している施設の適正な集約とその配置などについて,各委員から多くの意見や提言が出されました。例えば,校数については,予算の集中投下による訓練環境の充実を図るため,1校に再編する必要があるとされています。その一方で,オンライン訓練の実施など,様々な提言が行われています。

事業構想学群 
教授

キャリア・
インターンシップ
センター長

田邉 信之
7月27日 河北新報4面 「わたしの視点から-明確なビジョンで前進へ,若手教員で始めたウェブセミナー。新しいものをつくりだすための学びについて議論した」と題した,事業構想学群石田淳教授の記事が掲載された。 事業構想学群
准教授 石田 祐
講師 絹村 信俊
講師 高山 純人
助教 友渕 貴之
7月27日 静岡新聞 進化に貢献 文化的要因も,人はなぜ肉を食べるのか,人工培養 環境負荷に対応,植物由来の素材で開発」と題した記事が掲載され,食産業学群石川教授のコメントが掲載された。 食産業学群
教授
石川 伸一
7月26日 中国新聞11面 進化に貢献 文化的要因も,人はなぜ肉を食べるのか,人工培養 環境負荷に対応,植物由来の素材で開発」と題した記事が掲載され,食産業学群石川教授のコメントが掲載された。 食産業学群
教授
石川 伸一

7月26日

河北新報 「1カ月の再生数1000万回超も,熱い宮城のYoutuber,人気曲替え歌,小中生あるある…『好き』を投稿 仲間増やす」と題した記事が掲載。事業プランニング額類高山研究室所属の千葉慎太郎氏の活動について紹介された。

宮城大学

事業構想学群学生

7月24日 JA.com農業協同組合新聞【電子版】コラム,グローバルとローカル:世界は今 「パキスタンのバッタと夏のモンスーン」と題した食産業学群三石教授のコラムが掲載された。 食産業学群
教授
三石 誠司
7月22日 北海道新聞 進化に貢献 文化的要因も,人はなぜ肉を食べるのか,人工培養 環境負荷に対応,植物由来の素材で開発」と題した記事が掲載され,食産業学群石川教授のコメントが掲載された。 食産業学群
教授
石川 伸一
7月22日 yahooニュース(ReseMom)

「【自由研究】料理の中に科学を探せ!おうちでできる卵実験」として6月10日に発行された「子供の科学2020年7月号P10-11『食材を操るサイエンスを知ろう,料理のロジック,おいしさを生み出す要素』」が紹介された。

食産業学群
教授
石川 伸一

7月21日

福島民友2面 「古里の力になる教育を,東北環境事務所長退職の小沢氏」と題した記事が掲載された。 事業構想学群
教授
小沢 晴司
7月21日 河北新報24面 「東北地方環境事務所 所長の小沢氏,宮城大教授に,福島除染を担当」と題した記事が掲載された。 事業構想学群
教授
小沢 晴司
7月21日 福島民報2面 「退職あいさつで小沢所長が来社,東北環境事務所」と題した記事が掲載された。 事業構想学群
教授
小沢 晴司
7月20日 公衆衛生情報みやぎ2020年8月号(507号)P1-3

「他者の振る舞いが食行動に及ぼす影響」と題した記事が掲載された。例えば「友人が頼んだメニューを見て,自分が頼むメニューを変えた」といった事象など「食行動のモデリング(観察学習)」という視点から考察を記述している。

食産業学群
助教
元木 康介 
7月20日 地域みっちゃく生活情報誌とみぃず!2020.8月号2P 「『児童虐待防止みやぎ』運動,児童虐待のない宮城県へ。経済不安,自粛ストレス,新型コロナで『虐待リスク』が高まる」として,看護学群坂東助教・佐藤助教へのインタビュー記事が掲載された。 看護学群
助教
坂東 志乃
佐藤 泰啓
7月17日 登米市/広報とめ8月号(303号)14P 「登米市の公共施設(13)登米市の公共施設を考える会より市長へ意見書を提出」とした記事が掲載された。登米市の公共施設を考える会の会長を事業構想学群石田准教授が務める。 事業構想学群
准教授
石田 祐
7月17日 JA.com農業協同組合新聞【電子版】コラム,グローバルとローカル:世界は今 「『夾竹桃』に思う」と題した食産業学群三石教授のコラムが掲載された。 食産業学群
教授
三石 誠司
7月15日 創成社「旅と語りを科学する―観光におけるナラティブの活用可能性―」 13世紀~現在まで世界の旅人が残した日誌・旅行記から時代背景や旅事情を探る。各国の旅人が残した13世紀以降の旅行記の分析が12章に渡って掲載されている。佐々木 秀之(事業構想学群准教授)/髙橋 結(宮城大学特任調査研究員)/石田 祐(事業構想学群准教授)/藤澤 由和(事業構想学群教授) [訳] 事業構想学群
准教授
佐々木 秀之
石田 祐
髙橋 結(特任調査研究員)
事業構想学群
教授
藤澤 由和
7月10日 JA.com農業協同組合新聞【電子版】コラム,グローバルとローカル:世界は今 「新型コロナウイルス感染症と米国の食肉生産」と題した食産業学群三石教授のコラムが掲載された。 食産業学群
教授
三石 誠司
7月10日 河北新報14面 「新たな価値ここから,宮城大,デザイン研究棟を新設」と題した記事が掲載,7月9日に行われたデザイン研究棟完成披露式典の様子が紹介された。 宮城大学
デザイン研究棟
7月9日 NHK仙台放送局「てれまさむね」 「宮城大学,ビジネスやデザインなど研究,新たな学習拠点として校舎を整備」として,7月9日に行われたデザイン研究棟完成披露式典の様子が紹介された。 宮城大学
デザイン研究棟
7月9日 KHB「チャージ」 「人間の感情をデザインに生かす,宮城大『デザイン研究棟』完成」として,7月9日に行われたデザイン研究棟完成披露式典の様子が紹介された。 宮城大学
デザイン研究棟
7月7日 「まちのび」アプリ 仙台市子育てアプリ「まちのび」にて,看護学群塩野教授が取材を受け,「産後クライシス 後編」の記事が掲載された。 看護学群
教授
塩野 悦子
7月7日 NHK仙台放送局
てれまさむね
番組内のコーナー「630ライブ」の中で「大学生がパプリカの商品開発,仙台太白区」として【産学連携ギフト】宮城大学×レストランパリンカ×FUJISAKI「宮城のパプリカドレッシング」について紹介された。商品開発にあたっての苦労や自主的に参加した生徒の志,今後の展開について紹介が行われた。(太白キャンパスから生中継) 食産業学群
教授
西川正純

食産業学群
有志の学生
7月3日 JA.com農業協同組合新聞【電子版】コラム,グローバルとローカル:世界は今 「木偏に点ありの者」と題した食産業学群三石教授のコラムが掲載された。 食産業学群
教授
三石 誠司
7月2日 河北新報朝刊15面

新型コロナウイルスによる県内の妊産婦の不安に対応するため,看護学群塩野教授が代表で開催する「助産師による妊産婦電話相談」(7月~3月末)についての記事が紹介された。

看護学群
教授
塩野 悦子

7月1日

リクルート
カレッジマネジメント223号
2020年8月号
P62-65

「新世紀のキャンパス,宮城大学ラーニング・コモンズ,デザイン研究棟」として,本学キャンパス整備委員長による,ラーニング・コモンズに係る取り組みと,新たに建設を行ったデザイン研究棟を紹介する記事が掲載された。

宮城大学
キャンパス整備委員会
委員長
井上 誠

6月(75件)

 

発行
放送日等

メディア 概要 取材対象
6月30日

のびゆく農業No.1049-1050
米国農業法の20年-商品・保全・作物収入保険の支出推移からの分析-

2017年11月に米国農務省経済調査局が公表した報告書「The Evolving Distribution From Commodity, Conservation, and Federal Crop Insurance Programs」の全訳である。 食産業学群
教授
三石 誠司
6月30日 「まちのび」アプリ 仙台市子育てアプリ「まちのび」にて,看護学群塩野教授が取材を受け,「産後クライシス 前編」の記事が掲載された。 看護学群
教授
塩野 悦子
6月30日 読売新聞(地域版)22面

経済@みやぎ「亘理産リンゴでシードル,宮城大の学生,市場調査からラベルまで担当」と題した記事が掲載された。「MYU Cider」の取組が紹介されている。

事業構想学群
大嶋研究室
食の応援団
「MYU Cider」
6月30日 イートマップせんだい

「車内から映画鑑賞,自粛でも楽しもう!『GARAGE PARTY in IWANUMA』~OVERCOME COVID-19~」と題したイベント紹介が行われた。当該活動には事業構想学群友渕助教が参画している。

事業構想学群
助教
友渕 貴之
6月29日 宮城テレビ
news every.
「車の中から映画鑑賞 3密回避『ドライブインシアター』」として,27日岩沼市で行われた「ガレージパーティープロジェクト」の活動が紹介された。当該企画に事業構想学群友渕助教が参画している。 事業構想学群
助教
友渕 貴之
6月28日 TBC東北放送

「『3密』避け,車内で映画鑑賞」として,27日に岩沼市で行われた「ガレージパーティープロジェクト」の活動が紹介された。当該企画には事業構想学群友渕助教が参画している。

事業構想学群
助教
友渕 貴之
6月28日 河北新報 「車内から映画『3密なく家族で安心』自粛ムード打破へ第一歩,宮城・岩沼」と題したい記事が掲載された。「ガレージパーティープロジェクト」の活動には事業構想学群友渕助教が参画している。 事業構想学群
助教
友渕 貴之
6月28日 SENDAIマチプラ

「【体験】ドライブインシアター最高!車内から映画を満喫。自粛でも楽しめる新プロジェクト!~GARAGE PARTY in IWANUMA~」と題した記事が掲載された。当該活動には事業構想学群友渕助教が参画している。

事業構想学群
助教
友渕 貴之
6月28日 朝日新聞

「宮城『楽しむ』をあきらめない ドライブインシアター」と題した記事が掲載された。記事内で,事業構想学群友渕助教のコメントが紹介された。

事業構想学群
助教
友渕 貴之
6月26日 日本NPO学会のニュースサイト「JANPORA NEWS」 「JANPORA図書館」にて,5月28日に発売された事業構想学群小地沢准教授の著書「まちづくりプロジェクトの教科書」が紹介された。 事業構想学群
准教授
小地沢 将之
6月26日 宮城テレビnews every. ニュース内の宮城県内の話題の研究を紹介するコーナー「情熱ラボ」で「宮城大,高級寿司ネタ『赤貝』”非破壊検査”/雑草クローバーで高級ウニ”陸上飼育”」として,食産業学群西川教授の研究が紹介された。 食産業学群
教授
西川 正純

6月26日

JA.com農業協同組合新聞【電子版】コラム,グローバルとローカル:世界は今 「原稿用紙の『仕掛け』」と題した食産業学群三石教授のコラムが掲載された。 食産業学群
教授
三石 誠司
6月25日 仙台経済界 2020 7-8月号  ビジネスマン向けの食生活から見た新型コロナ対策として,免疫機能の維持に必要な栄養バランスの取れた食事の重要性を説明した。また,ストレスケアやテレワークによる運動不足改善の必要性について紹介した。 食産業学群
教授
白川 愛子
6月22日 生活者データ・ドリブン・マーケティング通信(ウェブ) 「あなたのアイデアを”ビジネスモデル”にする方法」と題した事業構想学群高山講師のコラムが掲載された。 事業構想学群
講師
高山 純人

6月22~28日
・18時~

・21時~

・23時~

・07時~

・10時~

・14時~

(計39回)

J:COM「ジモト応援!茨城つながるNews」 茨城県各地のご当地体操の紹介。常総市の介護予防事業におけるオリジナル体操(河西振付)の作成経緯・目的等に関する自治体へのインタビューの中で,基盤教育群河西教授のデモ動画を紹介。 基盤教育群
教授
河西 敏幸
6月22日 朝日新聞出版社「AERA」第33巻29号
P26-27
「『みんながダメージ実感』で生まれた新しい動き,生活や趣味を守る寄付」と題した記事が掲載,記事内で事業構想学群石田准教授による,寄付市場の状況関するコメントが紹介された。 事業構想学群
准教授
石田 祐

6月20日

公衆衛生情報みやぎ2020 7月号(No.506)1P-4P 「宮城県におけるスマート農業の現状と今後の課題」と題した食産業学群菊地准教授の記事が掲載された。スマート農業による震災復興,現在の課題,行われている支援,今後のスマート農業を担う人材に求められるものなどが論じられている。 食産業学群
准教授
菊地 郁
6月19日 JA.com農業協同組合新聞【電子版】コラム,グローバルとローカル:世界は今 「コメ輸出10年,今後をどう考えるか」と題した食産業学群三石教授のコラムが掲載された。 食産業学群
教授
三石 誠司
6月14日 河北新報

「アナフィラキシー治療,高血圧薬追加で効果アップ,宮城大教授ら英科学誌に発表」と題した記事が掲載され,風間教授の研究が紹介された。看護学群・風間逸郎教授がアナフィラキシーに対する新規治療法を発見

看護学群
教授
風間 逸郎
6月12日 International Council of Nurses (国際看護師協会)ニュース 世界各国の看護師協会から構成される,医療従事者のための国際組織International Council of Nurses (国際看護師協会)ウェブサイトにて「COVID19 response of Certified Nurses in Infection Control – Japan(日本における認定看護師のCOVID19感染症対応)」と題した記事が掲載,記事内で看護学群松永特任講師による厚労省やコールセンターでの活動が紹介された。 看護学群
特任講師
松永 早苗 
6月12日 JA.com農業協同組合新聞【電子版】コラム,グローバルとローカル:世界は今 「おから・卯の花・空木空木」と題した食産業学群三石教授のコラムが掲載された。 食産業学群
教授
三石 誠司

6月12日

税務経理第9835号 
1面(時事通信社)

宮城大学事業構想学群の田邉信之教授が「日本企業の現預金保有の在り方」と題した巻頭言「フォーラム」を掲載。株主重視,資産効率だけでなく,日本企業の特性やリスクマネジメントなどの幅広い観点から現預金保有の在り方を検討すべきことを提言。 事業構想学群
教授
田邉 信之

6月11日

河北新報15面 「『森の学校』道のり一冊に,宮野森小,構想から記録-宮城大・風見教授-」と題した記事が掲載,森の学校プロジェクトおよび,書籍「森の学校を創る」が紹介されている。 事業構想学群
教授
風見 正三
6月10日

誠文堂新光社「子供の科学」2020年7月号

石川 伸一(食産業学群教授)による特集が掲載。P10-11「食材を操るサイエンスを知ろう,料理のロジック,おいしさを生み出す要素」として,調理中に起こる化学反応や,科学技術を使って生み出される新しい調理について紹介している。 食産業学群
教授
石川 伸一
6月10日 一般社団法人日本経済団体連合(経団連)機関紙「月刊経団連」2020年6月号P55 一般社団法人日本経済団体連合(経団連)の機関紙「月刊経団連」の2020年6月号の特集「これからの大学教育と採用・インターンシップのあり方」の中で「キャリア教育型インターンシップの好事例」として「キャリア形成に向けた宮城大学の教育」が紹介された。

事業構想学群
教授
田邉 信之

 

キャリア・インターンシップセンター

6月9日 ニッポンの農林水産業に元気を,Agrio第308号P9-10 アグリ討論席にて「基本計画のテキストマイニング」と題した職産業学群三石教授の記事が掲載された。筆者がかつて策定に関わった「食料・農業・農村基本計画」を通じて,”食料安全保障”と”フードセキュリティ”,”農村”と”地域”が計画の中でどう使われているかを考える。 食産業学群
教授
三石 誠司
6月6日 秋田さきがけ新報(12面) ニュースのつぼ「町中心部への誘客の鍵。ニーズに応える施設に。小坂町の新『道の駅』」と題した記事が掲載された。事業構想学群舟引教授による施設運営の方向性に関するコメントが紹介されている。 事業構想学群
教授
舟引 敏明
6月5日 JA.com農業協同組合新聞【電子版】コラム,グローバルとローカル:世界は今 「誰が500万トンを必要としているのか
」と題した食産業学群三石教授のコラムが掲載された。
食産業学群
教授
三石 誠司
6月4日 ウェザーニュース

「『梅干し』が発酵食品じゃないってホント!?」と題した記事が掲載,「梅干し」は漬物の一種とされているので、ぬか漬けなどと同じように発酵食品と思われがちであるが,実際はどうか,食産業学群金内教授が紹介。

食産業学群
教授
金内 誠

6月4日

河北新報1面 「東北の大学 緊急宣言解除でも・・・オンライン授業継続,大人数聴講 対策難しく,実験などで対面再開」と題した記事が掲載された。本学を含む,東北の各大学におけるオンライン授業の取組状況が紹介されている。 宮城大学

6月3日

NHKワールド
Japanology Plus
(オンデマンド)

多くの日本人にとって家庭の味である「味噌」について紹介する番組。食産業学群金内教授が,健康上の利点や日本料理での活用方法を紹介。

食産業学群
教授
金内 誠
6月2日 河北新報17面 「町民協働 身近にヒント,利府町が『活動事例集』発行」として事業構想学群佐々木准教授のコメントが紹介された。 事業構想学群
准教授
佐々木 秀之
6月2日 夕刊フジ3面 「コロナで増えるテイクアウト,食中毒リスク回避術,炎天下での販売は危険」とした記事が掲載された。食産業学群金内教授が,食中毒を引き起こす微生物について解説。 食産業学群
教授
金内 誠
6月1日 公益財団法人都市計画協会の機関誌『新都市』2020年6月号 「新刊紹介:まちづくりに取り組む市民や自治会,NPOなどの方々だけでなく,活動の支援や市民協働に取り組む自治体の方々にもおすすめの1冊!」として,5月28日に発売された事業構想学群小地沢准教授の著書「まちづくりプロジェクトの教科書」が紹介された。 事業構想学群
准教授
小地沢 将之
6月1日

不動産証券化ジャーナルVol.55((一社)不動産証券化協会)

事業構想学群・田邉信之教授の論文「平成年間の不動産証券化市場の歩みと今後の展望(2)」が掲載されました。

同論文は,1990年代後半から急成長した不動産証券化市場の歴史を振り返ることを通じて,低迷する日本経済において,なぜこうしたイノベーションが生まれたのか,いかにして世界金融危機などを乗り越えてきたのかを明らかにするとともに,そこから得られるインプリケーションや将来の持続的な成長のために必要な要素を探るものです。

事業構想学群
教授
田邉 信之
6月1日

不動産証券化ジャーナルVol.55((一社)不動産証券化協会)

(一社)不動産証券化協会の機関誌である「不動産証券化ジャーナル」で,同協会の教育・資格制度委員長である宮城大学事業構想学群の田邉信之教授が,2020年に新たに認定された「不動産証券化マスター」(711名)に対して贈ったメッセージが掲載されました。不動産証券化マスターは,不動産金融業界を中心とする多様な業界の方々が毎年1000名以上受講し,約8,700名が既に保有する有力資格です。 事業構想学群
教授
田邉 信之
6月1日 朝日新聞13面 「『3密』カフェ店員が団交,『テイクアウトのみ』にかならず,会社側60分制・空気清浄機を導入,緊急事態宣言後も営業のチェーン店,『喫茶』の売上高7割減」と題した記事が掲載され,食産業学群堀田准教授のコメントが紹介。 食産業学群
准教授
堀田 宗徳

6月1日

月間不動産鑑定

Appraisal&Finance

2020年6月号

(㈱住宅新報出版)

事業構想学群・田邉信之教授が司会となり,国内外市場を代表するメンバー3名による「2020年以降の不動産市場~過去をひも解き,将来をどう見通すか」と題する座談会の後編が,月間不動産鑑定に掲載された。後編では,不動産市場の現状と将来展望について語っている。座談会には,不動産金融市場の最前線で活躍されるシービーアールイー株式会社(CBRE)・代表取締役社長兼CEO 坂口英治氏,ケネディクス不動産投資顧問株式会社・代表取締役社長 田島正彦氏,一般財団法人日本不動産研究所・不動産エコノミスト 吉野薫 氏が参加

事業構想学群
教授
田邉 信之

5月(13件)

 

発行
放送日等

メディア 概要 取材対象
5月29日 JA.com農業協同組合新聞【電子版】コラム,グローバルとローカル:世界は今 「誰が500万トンを獲得したか」と題した食産業学群三石教授のコラムが掲載された。 食産業学群
教授
三石 誠司
5月28日 森北出版「まちづくりプロジェクトの教科書」 小地沢 将之(事業構想学群 准教授)が執筆。本書は,町内会・自治会で活躍する皆さんや行政職員,NPOなどの皆さんを想定し,これから初めてまちづくり活動に取り組まれる方はもちろんのこと,これまでまちづくり活動に取り組んできた皆さんのリスタートも応援する書籍です。 事業構想学群
准教授
小地沢 将之

5月27日

宮城テレビ
news every.
ニュース内の宮城県内の話題の研究を紹介するコーナー「情熱ラボ」で「“免疫”に注目,コロナ治療にも可能性」として,本学看護学群風間教授の研究について紹介された。 看護学群
教授
風間 逸郎
5月25日 一般社団法人公立大学協会「公立大学2020」 P8宮城大学「時代とともに,変革し続ける学び場を」として,本学の概要が紹介された。 宮城大学
5月24日 河北新報18面 「復興から学ぶ市民参加型のまちづくりⅡ,風見正三,佐々木秀之編著,地域再生への役割考察」として,発売中の著書「復興から学ぶ市民参加型まちづくりⅡ」が紹介された。 事業構想学群
教授
風見 正三
准教授
佐々木 秀之
5月22日 JA.com農業協同組合新聞【電子版】コラム,グローバルとローカル:世界は今 「マルコ・ポーロとペゴロッティ」と題した食産業学群三石教授のコラムが掲載された。 食産業学群
教授
三石 誠司
5月15日 JA.com農業協同組合新聞【電子版】コラム,グローバルとローカル:世界は今 「古い歴史教科書に見る感染症」と題した食産業学群三石教授のコラムが掲載された。 食産業学群
教授
三石 誠司
5月14日 旺文社「螢雪時代」2020年6月号P154 北海道・東北キャンパスNews「宮城大,楽しみながら論理的思考力を養うお絵描きゲームが公募展で入賞」として,「事業構想学群の鈴木研究室制作『Rolly Rolly』が,デジタルアート展で入賞」ニュースが紹介された。 事業構想学群
准教授
鈴木 優
研究室:飯田 楓花,太田 瑞紀,日野 千裕,堀江 知央
5月12日 designboom 「'liquid to solid' exhibition explores traditional japanese form-making technique kanshitsu」として,事業構想学群土岐教授の「構造乾漆」プロジェクトが紹介された。 事業構想学群
教授
土岐 謙次
5月8日 JA.com農業協同組合新聞【電子版】コラム,グローバルとローカル:世界は今 「中国の人口減少と疫病」と題した食産業学群三石教授のコラムが掲載された。 食産業学群
教授
三石 誠司
5月7日 ウェザーニュース 「初夏の食中毒を防ぐには? 専門家に聞く食中毒菌を増やさないワザ」と題した記事が掲載された。細菌による食中毒のメカニズムや,その予防について,食産業学群金内教授が回答している。 食産業学群
教授
金内 誠
5月5日 日本農業新聞1面 「業務需要減でJA,販路フル活用,直売所に出荷・店頭ポスター・作付け変更も」と題した記事が掲載された。記事内で,食産業学群三石教授が,今後の対策と工夫を提起。 食産業学群
教授
三石 誠司

5月2日

読売新聞夕刊9面 「クローバーでウニ養殖挑む」として「クローバーなどマメ科植物を餌としてウニを肥育する技術を開発,特許出願」が紹介された。 食産業学群
助教
片山 亜優

5月1日

㈱住宅新報出版,

月間不動産鑑定

Appraisal&

Finance

2020年5月号

事業構想学群 田邉信之教授が司会となり,国内外市場を代表するメンバー3名による「2020年以降の不動産市場~過去をひも解き,将来をどう見通すか」(前編)と題する座談会が,月間不動産鑑定に掲載された。座談会には,不動産金融市場を代表するシービーアールイー株式会社(CBRE)・代表取締役社長兼CEO 坂口英治氏,ケネディクス不動産投資顧問株式会社・代表取締役社長 田島正彦氏,一般財団法人日本不動産研究所・不動産エコノミスト 吉野薫 氏が参加し,専門的見地からの意見交換がなされた。

事業構想学群
教授
田邉 信之

4月(22件)

 

発行
放送日等

メディア 概要 取材対象
4月30日 河北新報夕刊

「<いぎなり仙台>巡る春この本読むべ!『カガク力を強くする!』科学者の説明 疑い比較」と題した記事が掲載された。

宮城大学長
川上 伸昭
4月29日 河北新報17面 「県助産師会が無料電話相談,きょうから来月6日」として,看護学群塩野教授が代表で開催するMIYAGI助産師電話相談(連休期間)についての記事が紹介された。 看護学群
教授
塩野 悦子

4月29日

TBCラジオ
「en∞Voyage(エンボヤージュ)」
看護学群塩野教授が番組内で「MIYAGI助産師電話相談(連休期間)のお知らせ」を実施した。 看護学群
教授
塩野 悦子
4月28日

NHKラジオ第1 

ゴジだっちゃ

看護学群塩野教授が番組内で「MIYAGI助産師電話相談(連休期間)のお知らせ」を実施した。 看護学群
教授
塩野 悦子
4月27日 宮城テレビ放送
「news every.」
(18:15~)
「新型コロナ感染拡大防止宮城大学オンライン授業」として,本日より開始したオンライン授業の様子が紹介された。
「販売促進(高山講師)」
カリキュラムセンター
4月27日 KHB東日本放送
「チャージ!」
(18:15~)
「宮城大学全学生を対象に オンライン授業開始」として,本日より開始したオンライン授業の様子が紹介された。
「販売促進(高山講師)」
カリキュラムセンター
4月27日 TBC東北放送
「Nスタみやぎ」
(18:15~)
「宮城大学オンライン方式オンライン方式で授業開始」として,本日より開始したオンライン授業の様子が紹介された。
「大学での学び入門(蒔苗教授)」
カリキュラムセンター
4月26日 JA.com農業協同組合新聞【電子版】コラム,グローバルとローカル:世界は今 「『マスク』と食料自給率」と題した食産業学群三石教授のコラムが掲載された。 食産業学群
教授
三石 誠司
4月20日 yahooニュース
(TBC東北放送)
「東北大学・オンライン講義も アクセス集中で一部学生受講できず」として県内国公立大学の授業開始の状況を紹介。 宮城大学
4月17日 高松リビング新聞社「リビングたかまつ」 「感染しない・広げないためにわが家でできる事前の備え」として,食産業学群白川准教授が,免疫機能を低下させない・抵抗力をつけるための栄養素や,補食,食生活と合わせて行うとよいことなどを紹介した。 食産業学群
教授
白川 愛子
4月17日 JA.com農業協同組合新聞【電子版】コラム,グローバルとローカル:世界は今 「中国の豚肉需給から『コロナ後』を考える
と題した食産業学群三石教授のコラムが掲載された。
食産業学群
教授
三石 誠司
4月13日 株式会社三恵社「野菜園芸学の基本問題集」 齋藤 秀幸(食産業学群助教)が執筆。長年,野菜園芸学に関する教育研究に携わる中で,学生さんがつまずきやすいと思われる項目をピックアップし,(  )の穴埋め形式の問題集を作成しました。 食産業学群
助教
齋藤 秀幸
4月10日 Jリサーチ出版「

イラストで覚えるTOEIC L&R TEST 英単語1000」

基盤教育群マシュー教授著,オールカラーで見やすい,イラストでイメージしやすい,場面別で覚えやすい,誰でも楽しくTOEIC対策ができる新しい単語集です。 基盤教育群
教授
Matthew Wilson 
4月10日 読売新聞23面,地域(宮城) 「クローバーでウニ養殖,宮城大と企業,磯焼け回復,商品化狙う,実用化へ共同研究」としてクローバーウニの実用化に向けた 3 者共同研究がスタート!宮城大学・九州大学 × 株式会社フィッシャーマン・ジャパン・マーケティングについて紹介された。 食産業学群
助教
片山 亜優
4月10日 JA.com農業協同組合新聞【電子版】コラム,グローバルとローカル:世界は今 「外国人労働力依存型農業」と題した食産業学群三石教授のコラムが掲載された。 食産業学群
教授
三石 誠司
4月7日 仙台放送「みんなのニュース」

生活情報ファイルのコーナー「栄養たっぷり!『おから』の魅力…食物繊維はごぼうの2倍,糖の吸収も抑える優れもの」で食産業学群西川教授がおからの持つ栄養素について解説。

食産業学群
教授
西川 正純
4月7日

創成社「復興から学ぶ市民参加型のまちづくりⅡ―ソーシャルビジネスと地域コミュニティ―」

風見 正三(事業構想学群教授)/佐々木 秀之(事業構想学群准教授)が編集・執筆。震災復興過程で立ちあがった7つのソーシャルビジネスモデルが,いかにして地域再生に貢献したのか検証した。 事業構想学群
教授
風見 正三
准教授
佐々木 秀之
4月6日 yahooニュース 「都市封鎖より先になった大学封鎖~入学式・前期講義開始日の全国760校調査から見えたもの」と題した記事で,各大学の授業開始日が取り上げられた。 宮城大学
4月4日 テレビ朝日「ごはんジャパン」 番組構成に際し,食産業学群齊藤助教が千葉の小松菜の土壌と品質について,また追加で毛利准教授が成分について助言を行った。

食産業学群
助教
齊藤 秀幸

准教授
毛利 哲

4月3日 JA.com農業協同組合新聞【電子版】コラム,グローバルとローカル:世界は今 「想像力と状況判断」と題した食産業学群三石教授のコラムが掲載された。 食産業学群
教授
三石 誠司
4月3日 税務経理第9835号1面(時事通信社) 宮城大学事業構想学群の田邉信之教授が「世界で膨張する債務」と題した巻頭言「フォーラム」を掲載。世界的な金融緩和の中で,先進諸国,新興国の両方で,公的債務と民間債務が抱える債務が過去最大規模となっている。(故)ハイマン・P・ミンスキー教授の学説を紹介しながら,債務拡大が経済に及ぼす影響を分析し,警鐘を鳴らしている。

事業構想学群
教授
田邉 信之

4月1日

ARES不動産証券化ジャーナル Vol.54

(一社)不動産証券化協会の機関誌。事業構想学群田邉教授の論文「平成年間の不動産証券化市場の歩みと今後の展望(1)」が掲載。第1回目は1980年代後半からの日本のバブル生成の過程と不動産証券化の萌芽について論じており,今後,数回にわたって連載される予定。 事業構想学群
教授
田邉 信之

過去のメディア掲載・出演情報

TOP