• ホーム
  • ニュース
  • 著書・解説記事等(10/16 ぺリネイタルケア,8/20 公衆衛生みやぎ)

著書・解説記事等

※教員職位は,発行年月日時点の職位

2019年度

10月

ぺリネイタルケア(2019年10月号)(vol.38,No.10)

ぺリネイタルケア(2019年10月号)(vol.38,No.10)

周産期医療の安全・安心をリードする専門紙で月1回発行しています。
特集は「産後の2週間・1カ月健診 母子のアセスメント&ケア メンタルヘルス・母乳育児・新生児の発達まで 気になるサインを見逃さない」です。

○出版社:メディカ出版
○出版年月:2019年10月

塩野悦子(看護学群 教授)が、《Topics①》産後クライシスについて解説

8月

公衆衛生情報みやぎ(令和元年9月号、No.496)

公衆衛生情報みやぎ(令和元年9月号、No.496)

昭和52年1月発刊。公益事業の一環として公衆衛生普及の観点から、行政等からの情報・地域からの情報・感染症発生動向など様々な公衆衛生に関する記事を掲載した情報誌を毎月1回発行し、地方公共団体や関係機関へ無料で配付しています。

○出版元:一般財団法人宮城県公衆衛生協会
○発行年月:2019年8月20日

須田 義人(宮城大学食産業学群教授))が、p4-7「宮城のブランド肉と美味しさの話」を執筆。

食卓やレストランの主役となる食肉は、農家さんの強い拘りと科学的根拠に基づいて生産されています。その美味しさの決定的解明はなされていませんが、宮城のブランド肉を例にその難しさを解説をしています。


ニッポンの農林水産業に元気を,Agrio第268号

ニッポンの農林水産業に元気を,Agrio第268号

2014年3月創刊の農林水産専門情報サービスです。「6次産業化」「輸出」「TPP対策」などをテーマに週1回発行,農林水産業ビジネスのヒントも満載です。

○出版元:時事通信社,電子版
○発行年月:2019年8月20日

三石 誠司(宮城大学食産業学群教授))が,P8-9,アグリ研究室「ブラジル・米国・中国の大豆パイプライン」を執筆

7月

不動産証券化協会・コンプライアンス講座の2019年版テキスト「不動産投資運用業のコンプライアンス」

(一社)不動産証券化協会が主催する「不動産投資運用業のコンプライアンス研修」は不動産投資運用業を主な対象とする有力研修であり、これまでの受講者は1000名以上にのぼっています。本テキストは、同協会のコンプライアンス委員長である宮城大学事業構想学群・田邉信之教授が総監修したものです。

・出版社:(一財務)不動産証券化協会
・出版年月:2019年7月8日
田邉 信之(事業構想学群教授)がテキストの総監修。


精神看護(2019年7月号)(vol.22, No.4)

「メリデン版訪問家族支援」という名前を聞いたことがあるでしょうか。日本ではこれまで,支援の対象者はあくまで本人で,家族は本人を支えるための資源の1つ,のように捉える傾向がありました。メリデン版訪問家族支援のアプローチにより,いつも「病気」を中心に生活してきた家族が,「健康的な暮らし」を望む家族へと変わり,家族の力が強まっていき,支援者も驚くような変化を見せていきます。この特集では,メリデン版訪問家族支援とはいったいどういうものなのか,そのメソッドを教えていただくとともに,ファミリーワーカーとなってケースにかかわった方たちの,個人的な経験や思いを教えていただきました。

・出版社:医学書院
・出版年月: 2019年7月
小松 容子(看護学群 講師)が,実践報告として「ファミリーワークを通して,ポジティブで建設的な見方・姿勢を培うことができた!」を執筆。また,この支援の技法を身に着けるための研修に関する情報として「メリデン版訪問家族支援の基礎研修を受けるには」を執筆(P337-345,P368-370)。

6月

「看護展望」臨時増刊号(VOl.44 No.9)

特集:新カリキュラムを見据えた「カリキュラム評価・開発ガイドブック」
社会の変化とともに、看護基礎教育が大きく変わろうとしている。保健師助産師看護師法(保助看法)の第5次指定規則の改訂を目前に、改訂の意義や方向性、社会の要請にこたえる看護教育カリキュラムの具体的な評価・開発の実践例が掲載されている。

〇出版社:メヂカルフレンド社
〇出版月日:2019年6月25日

菅原よしえ大塚眞理子(看護学群教授)が、本学看護学群の取り組みを「地域包括ケアに不可欠な多職種連携力を養うカリキュラムの開発―他の専門職養成校や実習病院を巻き込んだIPEの導入―」(P.80-88)として執筆した。


ニッポンの農林水産業に元気を,Agrio第259号

ニッポンの農林水産業に元気を,Agrio第259号

2014年3月創刊の農林水産専門情報サービスです。「6次産業化」「輸出」「TPP対策」などをテーマに週1回発行,農林水産業ビジネスのヒントも満載です。

○出版元:時事通信社,電子版
○発行年月:2019年6月11日

三石 誠司(宮城大学食産業学群教授))が,P8-9,アグリ研究室「米国産牛肉の貿易を振り返る」を執筆


新任看護師長のためのタイムマネジメント

職場&自分をハッピーにするタイムマネジメントのスキルを学ぼう!
24時間を最大限に活用するための看護管理者必読の書!

看護師長は自らの時間管理を行うとともに、管理職としてスタッフの労働管理、時間管理も行わなければなりませんが、初めて任される場合は戸惑うことも多いでしょう。本書では、時間管理(タイムマネジメント)について、看護師長が知っておくべき基礎知識、現場で実践できる様々な手法をわかりやすく紹介します。

・出版社:メヂカルフレンド社
・出版年月:2019年6月
・ISBN:978-4-8392-1641-2

・著者:原 玲子(宮城大学看護学群長兼大学院看護学研究科長)


地域ケアリング 6月号

地域包括ケアシステムにおいて,病院看護部門と自治体との連携により地域住民の暮らしを支える取組事例から,各病院が将来向けてどのように事業展開をしていくのかを考察した。

  • 出版社:北隆館
  • 出版年月:2019年06月12日 (5月13日発売)

石原 美和(宮城大学看護学群教授)が,p97-101「地域ケアシステムにおける病院看護部門の参画と自治体との連携に関する研究」を執筆 

5月

「食べること」の進化史 培養肉・昆虫食・3Dフードプリンタ

私たちがふだん何気なく食べているごはん。そこには、壮大な物語が眠っている。
食材を生産、入手するための技術、社会が引き継いできた加工や調理の方法、文化や宗教などによる影響……。
人間は太古の昔から長期間にわたって、「食べること」の試行錯誤を重ねてきた。
その食の世界が今、激変してきている。分子調理、人工培養肉、完全食の「ソイレント」、食のビッグデータ、インスタ映えする食事……。
こうした技術や社会の影響を受けて、私たちと世界はどう変わっていくのだろうか?
気鋭の分子調理学者が、アウストラロピテクスの誕生からSFが現実化する未来までを見据え、人間と食の密接なかかわりあいを描きだす。

・出版社:光文社
・出版年月:2019年5月22日
・ISBN-10: 4334044115
・ISBN-13: 978-4334044114

・著者名:石川 伸一(食産業学群 教授)


「不動産証券化マスター」養成講座の2019年版テキスト「101不動産証券化概論」

(一社)不動産証券化協会認定「不動産証券化マスター」養成講座は、不動産金融業界の有力資格であり、既に約8100名が認定されています。資格運営を担う委員会の委員長を田邉信之教授が務めており、本テキストはその導入部に相当します。

  • 出版社:(一財務)不動産証券化協会
  • 出版年月:2019年5月10日

※宮城大学事業構想学群・田邉信之教授がテキストの責任者、かつ「第1章 不動産証券化総論」を執筆。
「不動産証券化マスター」養成講座の事務局

4月

看護学テキストNiCE 国際看護 国際社会の中で看護の力を発揮するために

グローバル化した現代において、多文化共生社会・国際社会で看護を実践するための素地を養うためのテキスト。基本となる国際看護の概念や異文化理解、世界の健康課題について学ぶ「総論」と、国際協力や在日外国人・在外日本人への看護の実際について学ぶ「各論」の2部構成。「各論」では、国際協力活動や外国での実体験が豊富に掲載されており、学生がイメージを掴みやすくなっている。

  • 出版社:株式会社南江堂
  • 出版年月:2019年4月25日
  • ISBN:978-4-524-25264-0
  • 編集:森淑江/ 山田智惠里/ 正木治恵

松永 早苗(看護学群 講師)が「感染症と看護」183-188,「看護管理 実践活動」198-199を執筆


日野原先生から看護をこころざす人に贈る35のメッセージ

最初の臨地実習を終えた学生たちが抱える、看護への期待や不安に、日野原先生が温かく看護の本質を語ります。

  • 出版社:日本看護出版協会
  • 出版年月:2019年4月発行
  • ISBN:978-4-8180-2189-1
  • 徳永 恵子(宮城大学名誉教授) 編

2018年度

3月

最新介護福祉士養成講座8

最新介護福祉士養成講座8 生活支援技術Ⅲ

2019年度から導入される最新カリキュラムに対応した介護福祉士養成テキスト。
身体障害、知的障害、精神障害、難病の特徴をふまえ、生活上の課題(困りごと)と具体的な支援技術を学びます。事例を通して、多職種のなかでの介護福祉士の役割も浮き彫りにしています。

  • 出版社:中央法規出版
  • 出版年月:2019年03月31日
  • ISBN978-4-8058-5768-7

・著者名:介護福祉士養成講座編集委員会

石原 美和(宮城大学看護学群 教授)が,第10節P146-157【内部障害】HIVによる免疫機能障害に応じた介護を執筆


この美味しさ 伊達じゃない 
大学生が選ぶ12の隠れた宮城名物

現役の宮城大学が宮城のおいしい名産物を県内外の皆さまに知ってほしいという思いで作成し、この本は、農産物加工品、水産加工品、和菓子、洋菓子の4カテゴリーにそれぞれ3商品、計12商品を紹介している。

  • 出版社:スリーインサイト
  • 出版年月:2019年3月5日
  • ISBN:9784908787027
  • 著者名:事業構想学部事業計画学科田邉信之ゼミナール3年生一同 (著),田邉 信之(事業構想学群 教授)監修

ニッポンの農林水産業に元気を,Agrio第246号

ニッポンの農林水産業に元気を,Agrio第246号

2014年3月創刊の農林水産専門情報サービスです。「6次産業化」「輸出」「TPP対策」などをテーマに週1回発行,農林水産業ビジネスのヒントも満載です。

  • 出版元:時事通信社,電子版
  • 発行年月:2019年3月5日

三石 誠司(食産業学群教授)が,P9アグリ研究室「遺伝子組み換えの焦点:農家から食品企業へ」を執筆
※大泉 一貫(宮城大学名誉教授)が,P13-14アグリ討論席「アベノミクス農政改革の性格と評価(中)」を執筆

2月

看護展望2019年3月号

看護展望2019年3月号

「特集:実行につながる,看護管理実践計画書の書き方」せっかく立案した看護管理実践計画も、具体性に乏しかったり、スタッフたちが理解しなければ意味がありません。そこで、後編となる今回は、立案した看護管理実践計画を書面にまとめていく各作業についての解説と、書き上げた計画の理想的なプレゼンテーション方法について紹介していきます。

  • 出版社:メヂカルフレンド社
  • 雑誌コード:402030
  • 出版年月:2019年2月25日
  • 編集協力・執筆:原 玲子(看護学群長兼大学院看護学研究科長)

1月

看護展望2019年2月号

看護展望2019年2月号

「特集:看護管理実践計画の立て方,問題解決プロセスを見える化する」多くの看護管理者が頭を悩ませる「看護管理実践計画書」について、2号連続で取り上げます。前編となる2月号では、計画の立て方を解説。自部署の現状分析からはじめ、どんな部署を目指すのか、どんな方法で目指すのかなど、計画書に盛り込むべき内容を解説していきます。

  • 出版社:メヂカルフレンド社
  • 出版年月:2019年1月25日
  • 雑誌コード:402020
  • 編集協力・執筆:原 玲子(看護学群長兼大学院看護学研究科長)

助産師基礎教育テキスト 第2巻 女性の健康とケア 2019年版

女性の身体の解剖生理や性科学、ライフステージに応じた女性の理解とケアなど基礎的な知識から、不妊やDVなど現代女性のリプロダクティブヘルスにかかわる問題、災害時の女性への支援、多様な性、性感染症や家族計画についてなど、女性の健康にかかわる専門家として必要な知識を網羅した本。

  • 出版社:日本看護協会出版会
  • 出版年月:2019年1月25日
  • ISBN:9784818021624
  • 著者名:吉沢 豊予子 (編集)

桑名 佳代子(看護学群教授)が一部執筆


BIO Clinica 2019年2月号

特集「感染症とワクチン Infectious Diseases and Vaccines」。A県の医療関連施設に対して、施設で実施しているワクチンププログラム内容を調査した。看護師養成施設や病院では、職業感染予防としてワクチンプログラムが積極的に実施されているが、地域における医療関連施設では、いまだ職員へ対するワクチンプログラムが実践されていない現状にある。

  • 出版社:北隆館
  • 雑誌コード:17601-02
  • 出版年月:2019年1月10日
  • 著者/編集:板村 繁之(国立感染症研究所 インフルエンザウイルス研究センター第3室室長)

※P64-67「A県における医療関連施設のワクチンプログラム実態調査」を
松永 早苗(看護学群 講師)が担当


JA販売事業改革ケースイヤーブック2019
  • 出版社:全国農業協同組合中央会
  • 出版年月:2019年1月

※P2~21,三石 誠司(食産業学群教授)が執筆

12月

「看護管理」実践Guide 目標管理の実践・評価ワークブック 第2版 「あるべき姿」を実現する成果目標・指標のつくり方

「看護管理」実践Guide 目標管理の実践・評価ワークブック 第2版 「あるべき姿」を実現する成果目標・指標のつくり方

本書は、看護管理者として、「部署目標の立て方(SWOT分析・目標設定・アクションプランのつくり方)」から「スタッフの目標設定と動機づけの支援」「目標の評価の仕方」までを習得していくためのワークブックとしてご活用いただけます。各項目の練習問題に取り組みながら学習することが、実際の目標設定にもつながっていくでしょう。好評既刊『看護師長・主任のための成果のみえる病棟目標の立て方 第2版』の続編(応用編)です。

  • 出版社:日本看護協会出版会
  • 出版年月:2018年12月発行
  • ISBN: 978-4-8180-2139-6
  • 著者名:原 玲子(看護学群教授)

緩和ケア はじめの一歩

緩和ケア はじめの一歩

エビデンスが確立されたスタンダードなケアはもちろんのこと、エキスパートならではの臨床知や最新知見を豊富に取り入れ、今日からすぐに使える知識をわかりやすく解説。がんでも非がんでも、治療期でも終末期でも、一般病棟でも在宅でも、あらゆる場面で役立つ知識を簡潔にまとめました

  • 出版社:照林社
  • 出版年月:2018年12月25日
  • ISBN:978-4-7965-2451-3
  • 著者名:編著/林ゑり子・医学監修/上村恵一

霜山 真(看護学群助教)が,「Part.4 非がん患者さんへの緩和ケア COPDの場合」を執筆


復興から学ぶ 市民参加型のまちづくり -中間支援とネットワーキング-

復興から学ぶ 市民参加型のまちづくり -中間支援とネットワーキング-

本書は,東日本大震災に遭遇し,多大なる苦難を超えて再生を遂げつつある被災地の復興まちづくりの系譜をたどり,「震災復興」というプロセスから何を学ぶことができるのかについて,復興過程において重要な役割を持ってきた「市民参加」「協働」「中間支援」という視点から考察を進め,今後の復興まちづくりへの指針を提示するものである。

  • 出版社:創成社
  • 出版年月:2018年12月25日
  • ISBN:978-4-7944-3194-3
  • 著者名:風見 正三(事業構想学群教授)/佐々木 秀之(事業構想学群准教授)

チーム医療の推進(IPE・IPW)
新版 助産師業務要覧 第3版 Ⅱ実践編

「助産師のコア・コンピテンシー」を構成する4つの能力に基づく、女性のライフサイクル全般を見据えた助産実践に重点を置いて編集。国の動きや政策的内容、他職種との連携、退院後の生活を考慮したケアの必要性など、幅広い視野を盛り込んだ本。

  • 出版社:日本看護協会出版会
  • 出版年月:2018年12月21日
  • ISBN:9784818021693
  • 著者名:福井トシ子 (編集)

大塚 眞理子(看護学群 教授)が,4章チーム医療の推進(IPE・IPW)を執筆


アピアランス〈外見〉問題介入への認知行動療法

先天的要因や疾患・外傷により外見に不安や困難を抱える人々のポジティブな適応を目指し、医学・心理学の両面から支援するための段階的ケアの方法を提示する介入マニュアル。

  • 出版社:福村出版
  • 出版年月:2018年12月13日
  • ISBN:9784571240720
  • 著者名:クラーク・アレックス,トンプソン・アンドリュー・R.,ジェンキンソン・エリザベス,ラムゼイ・ニコラ,ロブ・ニューウェル(著)

※原田輝一,真覚 健(看護学群 教授)(訳)

11月

ニッポンの農林水産業に元気を,Agrio第233号

ニッポンの農林水産業に元気を,Agrio第233号

2014年3月創刊の農林水産専門情報サービスです。「6次産業化」「輸出」「TPP対策」などをテーマに週1回発行,農林水産業ビジネスのヒントも満載です。

○出版元:時事通信社,電子版
○発行年月:2018年11月27日

三石 誠司(宮城大学食産業学群教授))が,P12-13,アグリ研究室「20年で激変した世界の小麦貿易」を執筆


訪問看護と介護

訪問看護と介護(2018年11月号)(Vol.23,No.11)

これまで訪問看護の対象者はあくまで利用者本人で,ともすれば,家族はそれに添う人とされてきました。今特集で紹介するメリデン版訪問家族支援は,本人同様に,家族も支援の対象者であるととらえ,一家にまるごと関わっていきます。メリデン版訪問家族支援とは一体どのようなものなのか。そのメソッドとともに,事例を通してその効果を紹介していきます。利用者と家族を一体的に支える支援の可能性が開けてきました。

○出版元:医学書院
○出版年月:2018年11月
○ISBN:978-4-8392-1641-2

小松 容子(看護学群 講師)が,メリデン版訪問家族支援の8つの構成要素のうちの「家族1人ひとりとの協働を紡ぎだすエンゲージメント」「1人ひとりのアセスメントが家族支援の基礎になる」「情報共有で,暗黙の了解を解消し,風通しをつくりだす」「皆でつくる「良い状態を保つプラン」の4つについて執筆した(P792-795,P796-799 ,P804-808,P810-814)。

10月

「英語教育と言語研究」

「英語教育と言語研究」

英語教育に関わる基礎的研究をもとに,英語教育を言語研究と関連づけ発展的内容を概説。
〔内容〕英語教育と言語教育とは/なぜ音声研究の視点が重要か/語彙習得研究/文理解/コミュニケーション研究/第二言語習得研究/評価研究

○出版社:朝倉書店
○出版年月:2018年10月
○ISBN:978-4254516340
○著者名:西原 哲雄 (宮城教育大学教授)

※本学教員が分担執筆
第1章 なぜ英語教育において音声研究の視点が重要か 川井 一枝
第5章 英語教育と第二言語習得研究 小島 さつき

9月

新版中小企業と経営 基礎の基礎

新版中小企業と経営 基礎の基礎

長年、地場産業から国際ビジネスに至るまで、組織運営に携わってきた著者が、MBA や経済法・環境法など法律分野の知識を駆使して、中小企業と経営の基礎を解説する。経営学を新たに学ぶ学生のテキストとしてだけでなく、現役の中小企業経営者の参考書ともなっている。

○出版社:株式会社財経詳報社
○出版年月:2018年9月
○ISBN:978-4-88177-450-2
○著者名:三石 誠司(食産業学群教授)


カラー写真で学ぶ 高齢者の看護技術 第2版

リアルな高齢者のカラー写真とイラストを提示して,食事,排泄,清潔ケアなどの日常生活支援を中心に看護援助のポイントやプロセスを解説した本。高齢者の意思を尊重し,高齢者の身体状況をよく観察し,理解し,高齢者の動きと連動する看護技術を提供できる看護師になるために必携の一冊。 老年看護のテキストとして,また,高齢者ケアのコツを知りたい介護施設の職員にもお勧めの一冊

  • 出版社:医歯薬出版株式会社
  • 出版年月:2018年9月20日
  • ISBN:9784263237151
  • 著者名:大塚 眞理子 (看護学群 教授)(編著),成澤 健(看護学群 助教)が第7章を担当

8月

ニッポンの農林水産業に元気を,Agrio第220号

ニッポンの農林水産業に元気を,Agrio第220号

2014年3月創刊の農林水産専門情報サービスです。「6次産業化」「輸出」「TPP対策」などをテーマに週1回発行,農林水産業ビジネスのヒントも満載です。

  • 出版元:時事通信社,電子版
  • 発行年月:2018年8月28日

三石 誠司(宮城大学食産業学群教授)が,P7-8,「中国の海外農業投資:場所と戦略」を執筆


ナーシングキャンバスvol.6 No.9(2018年9月号)

基礎教育と臨床実践をつなぐ看護学生向け学習誌

  • 出版社:学研メディカル秀潤社
  • 出版年月:2018年8月10日

成澤 健(看護学群 助教)が,特集1「症状を理解して,ケアにつなげる!認知症」を執筆


都市公園制度論考 - 都市公園法制度の構造と意義に関する考察

本書は,都市公園制度の根幹を流れるロジックをより分かりやすく示すことができないかと考え企画した。公園緑地政策をめぐる最近の状況を踏まえて,都市公園法の設けられた理由と意義,現時点での評価と課題,民間事業者参加方策の展開等を探り,今回の法改正の評価,今後の公園管理の方向性について考察を加えている。
○出版社::デザインエッグ社
○発売日:2018年8月2日
○ISBN-10:4815006636
○ISBN-13:978-4815006631
○著者:舟引 敏明

7月

不動産政策研究 各論Ⅳ 国際不動産政策

不動産政策研究 各論Ⅳ 国際不動産政策

有識者・専門家による幅広い視点から国際的な不動産市場の政策課題を検討する著書。宮城大学事業構想学群・田邉信之教授は、不動産市場の国際化の歴史を踏まえて、今後の国際化の目的、課題を整理し、対応策を提言。

○出版社:東洋経済新報社
○出版年月:2018年7月12日
○ISBN:978-4-492-96145-2
○著者名:不動産政策研究会編/中川 雅之編/小林 正典編

田邉 信之(事業構想学群教授)が「第2章2-5 不動産市場の国際化と今後の対応方策」を執筆


不動産投資運用業のコンプライアンス(改訂)

出版社:(一社)不動産証券化協会
出版年月:2018年7月1日
著者名:田邉 信之(事業構想学群 教授)監修

6月

Global Encyclopedia of Public Administration, Public Policy, and Governance
  • ・出版社:Springer International Publishing
  • ・出版年月:2018年6月18日
  • ・著者名:Ali Farazmand(編集)

石田 祐(事業構想学群 准教授)が一部執筆

 

5月

アピアランス〈外見〉問題と包括的ケア構築の試み

熱傷やがんなどの疾患や先天的要因による複雑かつ多岐にわたる〈外見〉問題の包括的ケア実現に向け、医学・心理学の両面から基礎と臨床実践について解説したテキスト

  • 出版社:福村出版
  • 出版年月:2018年5月18日
  • ISBN:9784571240683
  • 著者名:原田 輝一 (編集),真覚 健(看護学群 教授)(編集)

 


ニッポンの農林水産業に元気を,Agrio第206号

ニッポンの農林水産業に元気を,Agrio第206号

2014年3月創刊の農林水産専門情報サービスです。「6次産業化」「輸出」「TPP対策」などをテーマに週1回発行,農林水産業ビジネスのヒントも満載です。

  • 出版元:時事通信社,電子版
  • 発行年月:2018年5月15日

三石 誠司(食産業学群教授)が,P14-15,アグリ討論会「縮小する日米農地価格の格差」を執筆


Innovative Perspectives on Public Administration in the Digital Age

オンラインでの市民参加、電子申請、プライバシーとセキュリティなど、幅広いトピックに関する記事を取り上げており、オンラインおよび技術システムの利用に関する現在および関連する研究を求めている学者、実務家、および政府関係者を対象とした本。

  • 出版社:IGI Global
  • 出版年月:2018年5月2日
  • ISBN:9781522559665
  • 著者名:Aroon P. Manoharan(編集),James Mcquiston(編集)

石田 祐(事業構想学群 准教授)が一部執筆

4月

のびゆく農業:No.1038-1039

のびゆく農業:No.1038-1039
トウモロコシ・大豆の生産費と輸出競争力-アルゼンチン・ブラジル・米国-

※タイトル原文:Birgit Meade et al. 「Corn and Soybean Production Costs and Export Competitiveness in Argentina, Brazil, and the United States」(Economic Information Bulletin、2016、154号)

本稿は、2016年6月に米国農務省経済調査局が公表した報告書「Corn and Soybean Production Costs and Export Competitiveness in Argentina, Brazil, and the United States」の全訳である。作成者は、Birgit Meade他6名の農務省の研究者であり、報告書としては、同局のEconomic Information Bulletin 154号として、インターネットで公開されている。

  • 出版社:一般財団法人農政調査委員会
  • 出版年月:2018年4月30日
  • 解題・翻訳:三石 誠司(食産業学群教授)

食品機能性成分の吸収・代謝・作用機序

2013年に発刊された『食品機能性成分の吸収・代謝機構』の発展版。食品中の生体調節機能成分について「体内動態」や「機能発現機序」を詳述また、食品成分の吸収・代謝・作用機序に影響を与える「外的因子」についても解説している。

  • 出版社:シーエムシー出版
  • 出版年月:2018年4月27日
  • ISBN:9784781313276
  • 著者:宮澤陽夫(監修)

西川 正純(食産業学群教授)が一部執筆


2019年度系統別看護師国家試験問題 解答と解説

必修問題11年(12回)分,過去問題6年(7回)分を系統別+テーマごとに配列

  • 出版社:医学書院
  • 出版年月:2018年4月12日
  • ISBN:9784260035682
  • 著者名:『系統看護学講座』編集室(編集)

吉田 俊子(看護学群 教授)が一部執筆

2017年度

3月

相馬市史 第7巻 資料編Ⅵ 近代・現代

福島県相馬市の明治期から市制施行50周年(平成16年3月)までの行政・産業・社会・教育・文化の発展と、これらを推進してきた多くの人々の足跡を明らかにする資料を取り上げた本

○出版社:相馬市教育委員会
○出版年月:2018年3月
○著者名:相馬市教育委員会

佐々木 秀之(事業構想学群 准教授)が一部執筆


協働まちづくりの手引き

多様な主体の参加による協働のまちづくりを推進し、まちづくりの担い手の裾野を広げていくため、協働の考え方や進め方をまとめたもの

○出版社:仙台市、仙台市市民局市民協働推進課
○出版年月:2018年3月
○著者名:佐々木 秀之(事業構想学群准教授) 監修


協働まちづくりの実践

多様な主体の参加による協働のまちづくりを推進し、まちづくりの担い手の裾野を広げていくため、市内で協働により行われている取り組みを紹介する事例集

○出版社:仙台市、仙台市市民局市民協働推進課 
○出版年月:2018年3月
○著者名:佐々木 秀之(事業構想学群 准教授)監修


JA販売事業改革ケースイヤーブック2018

JA販売事業の優良事例集

○出版社:全国農業協同組合中央会
○出版年月:2018年3月
○ISBN:2300100260907
○著者名:宮城大学食産業学部・新潟大学農学部JAケース作成チーム (監修)

三石 誠司(食産業学群 教授)がP2-23,P46-60を執筆(共著)

2月

災害看護 寄り添う,つながる,備える

統合科目である「災害看護」を実践現場で必要な知識として学ぶため,「概論」「身に付けるべき必須の技術」「災害発生時の実際」の3つのステップで構成

○出版社:学研メディカル秀潤社
○出版年月:2018年2月28日
○ISBN:9784780912791
○著者名:三澤 寿美 (編集),太田 晴美 (編集),高橋 和子(看護学群 教授)一部執筆


CLIL 英語で学ぶ科学と数学の基礎

大学等の授業で使用するための教科書

○出版社:株式会社 三修社
○出版年月:2018年2月20日
○ISBN:9784384334791
○著者名:笹島 茂 (著),小島 さつき(基盤教育群准教授) (著),Chad L. Godfrey (著),土田 敦子 (著),佐藤 元樹 (著) 

1月

米離脱後TPP11と官邸主導型「農政改革」ー各品目への影響と対策「農協改革」の行方

日本農業、特に畜産分野に甚大な影響を及ぼすと考えられているTPP協定が、今後、協定の発効に向けて、日本農業はどのような対応策が必要なのか。アベノミクス農政の変遷とあわせて考察した本

○出版社:農林統計協会
○出版年月:2018年1月7日
○ISBN:9784541041692
○著者名:谷口 信和(編集代表),服部 信司(編集担当) 

三石 誠司(食産業学群 教授)が第10章を執筆

12月

寄付白書2017

最先端の寄付研究の知見を加え、日本の寄付市場をもっと深読み! 日本初の「寄付を科学する」を読み解き、2010年以降の日本の寄付市場を網羅する実践書。 
日本の寄付市場の推移、特色のある寄付者ペルソナ、寄付を取り巻く政策・制度をまとめた要約から、2016年の寄付の動向(第1章)、人はなぜ寄付をするのかーNPO研究、行動経済学における知見から(第2章)、善意の資金(寄付・社会的投資)国際比較ー日米英韓(第3章)、課題と展望(第4章)まで、日本の寄付の現状と動向が明らかにされている

○出版社:日本ファンドレイジング協会
○出版年月:2017年12月8日
○ISBN:9784907431112
○著者名:寄付白書発行研究会 (著),日本ファンドレイジング協会 (編集) 

石田 祐(事業構想学群 准教授)が一部執筆

11月

高等教育機関と地域の協働による地域活性化事例集 ワカヤマコラボ2017

紀の国大学をはじめ、地域活性化に大学と地域が共同で取り組んでいる事例を紹介

○出版社:和歌山大学COC+推進室
○出版年月:2017年11月
○著者名:友渕貴之、大坪史人、佐藤祐介、田代優秋、富永哲雄(編集)

10月

おいしさと驚きの料理を作るサイエンス・レシピ 科学が創造する新しい味

現在活躍中のトップシェフ7人に「火入れ」「香り」「食感」「発酵」「再構築」「液体窒素」などをテーマに料理を紹介してもらい、調理技術や科学知識の応用術を詳しく解説しながら、シェフたちの科学との付き合い方と、個性豊かな味の創作方法を探っている本

○出版社:旭屋出版
○出版年月:2017年10月25日
○ISBN:9784751113097
○著者名:石川 伸一(食産業学群 教授)監修,,範囲:料理に印象を生み出す科学 など

9月

看護現場ですぐに役立つファシリテーションの秘訣-カンファレンス、グループワーク、日常コミュニケーションの現状改善のために-

事例を通して,現状改善のためのファシリテーションの秘訣を紹介した本

○出版社:総合医学社
○出版年月:2017年9月28日
○ISBN:9784883786558
○著者名:國澤 尚子,大塚 眞理子(看護学群 教授) 著


精神科ナースのためのアセスメント&プランニングbookシリーズ 家族ケア

アセスメントから看護計画立案、ケアの展開までを解説する精神科看護シリーズの「家族ケア」をテーマに解説した本。システム論や発達論等の家族の理解に役立つ理論や、臨床でよく出合う事例を取り上げ、家族の多様さを学ぶ。困りごとの対応法がわかる、Q&Aも収載。

精神障害のある患者・家族の理解に役立つ家族システムや家族発達といった理論、ケアラーズケアやストレングスといった支援方法をわかりやすく解説。豊富な事例から、精神科での家族ケアに役立てられるポイントがわかる。

○出版社:中央法規
○出版年月:2017年9月1日
○ISBN:9784805855386
○著者名:日本精神科看護協会 (監修),岡本 眞知子 (編集),萱間 真美 (編集)

大熊 恵子(看護学群 教授),小松 容子(看護学群 講師),佐藤 泰啓(看護学群 助教) が一部執筆


自然災害―減災・防災と復旧・復興への提言―

既刊「東日本大震災の復旧・復興への提言」を主とし,理工系諸分野に焦点を絞って改訂するととともに,さらに多様な学問分野の新しい視点を加え,自然災害の減災・防災と復旧・復興への提言を行うことを目的とした書

○出版社:技報堂出版
○出版年月:2017年9月
○ISBN:9784765518499
○著者名:梶 秀樹,和泉 潤,山本 佳世子 編著

徳永 幸之(事業構想学群 教授)が一部執筆

8月

最新 材料の再資源化技術事典

再資源化の現状と、関連する基礎技術、事例、関連法規などについて、専門家の協力が執筆したもの

○出版社:(株)産業技術サービスセンター
○出版年月:2017年8月1日
○ISBN:9784915957970
○著者名:宮入 裕夫 (著) 

北辻 政文(食産業学群 教授)が一部執筆

7月

食と微生物の事典

生き物として認識する遥か有史以前から,食材の加工や保存を通してヒトと関わってきた「微生物」について,近年の解析技術の大きな進展を踏まえ,最新の科学的知見を集めて「食」をテーマに解説した事典。発酵食品製造,機能性を付加する食品加工,食品の腐敗,ヒトの健康,食糧の生産などの視点から,200余のトピックについて読切形式で紹介する

○出版社:朝倉書店
○出版年月:2017年7月28日
○ISBN:9784254431216
○著者名:北本 勝ひこ (編集),    春田 伸 (編集),    丸山 潤一 (編集),    後藤 慶一 (編集),    尾花 望 (編集),    斉藤 勝晴 (編集) 

金内 誠(食産業学群 教授)が第2章39「豆乳を固める」執筆(共著)


宮城県植物誌

日頃から自然環境調査にご協力いただいている方々が編集に携わった「宮城県植物誌2017」が、2017年7月9日に宮城植物の会より刊行されます。宮城植物の会は、1972年に設立され、宮城の植物の観察・研究を続けている団体です。宮城県植物誌では、目録を標本に基づいて編集し、植物の生育を支える気候や地形地質、植生などについて解説しています。

○出版社:宮城植物の会
○出版年月:2017年7月9日
○著者名:宮城県植物誌編集委員会

高橋 信人(食産業学群 准教授)が一部執筆


作物栽培体系7 工芸作物の栽培と利用

人類はきわめて多様な植物を,食用としてだけでなく生活を支える資材を得るため栽培してきた。本巻ではそうした工芸作物の栽培について体系的に解説する。〔内容〕繊維作物/油料作物/糖料作物/嗜好料作物/薬用・染料作物/香辛料作物

○出版社:朝倉書店
○出版年月:2017年7月5日
○ISBN:9784254415070
○著者名:日本作物学会「作物栽培大系」編集委員会 (監修),巽 二郎 (編集)

中村 聡(食産業学群 教授)が一部執筆

6月

土木情報学―基礎編―

社会全体へのICTの浸透が進む中で,これからの土木技術者には,ICTに関する十分な知識と技術を身につけて,それらを建設生産システムやインフラメンテナンスの中で使いこなしていくことが求められます。本書は,「土木情報学」の教科書として,土木分野でのICT活用において基礎となる情報理論・技術を体系的に整理し解説したものです。大学や企業等でのICT教育の教科書として,また技術者個人の知識習得にもお役立てください。

○出版社:丸善出版
○出版年月:2017年6月
○ISBN:978-4-8106-0937-0
○著者名:土木情報学委員会 教育企画小委員会(編集)

徳永 幸之(事業構想学群 教授),蒔苗 耕司(事業構想学群 教授)が一部執筆


The Kitchen as Laboratory 新しい「料理と科学」の世界

総勢52名の科学者と料理人が、料理の「なぜ?」を科学的に追究。おいしいピザ皮や半熟卵、しっとりふわふわのスポンジケーキのつくり方をはじめ、卵白を使わずにメレンゲつくる方法やお菓子の包装紙等に隠された音のひみつ、アイスクリームとシャーベットのミクロな世界、「闇」の食事会など、「料理と科学」にまつわる多種多様な33の話をオムニバス形式で紹介。料理をよりおいしく楽しいものへと導く、海外の調理科学の世界が学べる一冊。 

○出版社:講談社
○出版年月:2017年6月23日
○ISBN:9784061398481
○著者名:Cesar Vega (編集),Job Ubbink (編集),Erik van der Linden (編集),阿久澤 さゆり (翻訳),石川 伸一(食産業学群 教授)(翻訳),寺本明子(翻訳)


機能性食品開発のための初期評価試験プロトコール集

機能性食品開発の初期段階で行われるin vitro試験/動物試験を中心に,実験手順・注意点を収載した実用的な一冊。試料調製,機能性評価,機能性成分の単離・同定,作用機序解明,安全性評価について詳述。 

○出版社:シーエムシー出版
○出版年月:2017年6月9日
○ISBN:9784781312484
○著者名:山本(前田)万里(監修)

西川 正純(食産業学群 教授)が一部執筆


地域の誇りを後世へ伝えるために

宮城大学の舟引敏明教授、佐々木秀之教授が歴史まちづくりおいて先進的な取り組みをしている全国の自治体の首長へインタビューしたもの

○出版社:一般社団法人Granny Rideto
○出版年月:2017年6月1日
○ISBN:9784990970406
○著者名:舟引 敏明(事業構想学群 教授),佐々木 秀之(事業構想学群 准教授)  共著


多職種間で理解を共有するためにこれだけは知っておきたい精神看護キーワード119用語

看護職者、看護教育者、そして看護職以外の他職種の専門家、非専門家にも必要な「聞きなれない用語や聞いたことはあるものの正確には理解できていない用語」を解説している本

○出版社:日本看護協会出版会
○出版年月:2017年6月1日
○ISBN:978-4818020504
○著者名:川野雅資(総編集)

大熊 恵子(看護学群 教授)が一部執筆

5月

アピアランスの〈外見〉の心理学

人の健康や幸福に深く関連する外見(アピアランス)。病気や外傷等により外見に問題をかかえる人々の心理社会的不安と困難に焦点を当て、介入・支援を通じての対処法を検討

○出版社:福村出版
○出版年月:2017年5月25日
○ISBN:9784571250491
○著者名:ニコラ ラムゼイ (著),ダイアナ ハーコート (著),原田 輝一 (翻訳),真覚 健(看護学群 教授) (翻訳) 

4月

フード&ドリンク ペアリングの技法

ワイン・日本酒を中心に、フレンチ・リストランテ・ワイン居酒屋・ビストロ・バーなど14の人気店のペアリングを写真・レシピつきで紹介している。

○出版社:旭屋出版
○出版年月:2017年4月25日
○ISBN:9784751112748
○著者名:旭屋出版書籍編集部 (編集) 

石川 伸一(食産業学群 教授)がchapter 2「ペアリングの基礎知識・おいしさを知る」を執筆

TOP