• ホーム
  • 学群・大学院等
  • 新着情報
  • 博報堂DYグループによる 「“生活者データ・ドリブン”マーケティング 通信」に高山講師のコラムが掲載されています

新着情報

20.06.23

博報堂DYグループによる 「“生活者データ・ドリブン”マーケティング 通信」に高山講師のコラムが掲載されています

近年の技術革新とともに社会のデジタライゼーションが進み,企業側でも生活者や社会の変化に合わせて,新しい事業開発が求められています。様々な顧客の行動や状態がデータとして取得可能になり,様々な分析がマーケティングシステム基盤上で可能になっており,国内大手企業でもそれらを活用したイノベーションに関する取り組みが次々と起こっています。しかし,社内でアイデア発想までは行われるものの,それがビジネスに結びつかないケースも少なくありません。今回は,みなさんが持っているアイデアを,ビジネスモデルへと昇華させる方法をご紹介します。(コラム冒頭)

“生活者データ・ドリブン”マーケティング通信とは

博報堂DYグループは,広告主等に対しマーケティング・コミュニケーションサービス全般の提供を行う子会社の経営管理等を行っています。ライフログデータ,位置情報データ,IDに紐づいたPOSデータといった従来のマーケティングデータとは性質の異なるデータを収集し活用することで,2014年から「“生活者データ・ドリブン”マーケティング」の取り組みを開始。「生活者DMP」の構築などを通じて,各企業のマーケティングを支援してきました。

情報発信サイト「生活者データ・ドリブン・マーケティング通信」では博報堂DYグループの各事業会社が連携し,”生活者データ・ドリブン”マーケティングに関するソリューションの情報や,生活者データの活用実績のある現場社員の知見やノウハウ,当該領域の最新ニュース等を発信しています。

研究者プロフィール

TOP