食産業学群

食資源開発学類:入学定員62名
フードマネジメント学類:入学定員63名

入学者に求める能力

  1. 食及び食を取り巻く環境に興味を持ち,自然科学の基礎知識を身につけている人
  2. 論理的思考力を持ち,食の安全・安心,環境との調和などの課題解決に情熱を傾けようとする人
  3. 地域社会の一員として,さらには世界的な観点から食産業を考え,その発展に貢献しようとする人

大学教育を通じて発展・向上させる能力

食産業学群では,食資源開発及び食材生産から食品製造・流通・消費に至るまでのフードシステムについて幅広い科学知識と技術を持ち,食産業全体を理解し,東北地域から世界まであらゆるレベルで食の未来を開拓できる意欲と能力を有する人材の育成を目指しています。

めざせる資格・免許等

  • 家畜人工授精師(牛)
    所定科目の単位取得により,修業試験の該当科目を免除
  • 食品衛生監視員
    所定科目の単位を取得し,卒業後,所定の要件を満たした場合に取得可能
  • 食品衛生管理者
    所定科目の単位を取得し,卒業後,所定の要件を満たした場合に取得可能
  • HACCP管理者
    所定科目の単位取得により取得可能
  • 食の6次産業化プロデューサー
    所定科目の単位取得により,「わかる(知識)」のレベル2として認定

    ※めざせる資格は学類ごとに異なります。

学群長メッセージ

「食」を文理融合で学び,将来の食産業を支える人材を育成する

西川正純教授

食産業学とは,農畜水産物の「生産」から「加工」「流通」「サービス」,そして「消費」までの全てをカバーする学問です。今,安全で,美味しく,体に良く,しかも簡便な食品が求められています。このことから,SDGsに謳われる飢餓の撲滅や海と陸を守る目標達成などとともに,抗病性などを付与した農畜水産や,保蔵性や栄養機能を付与した食品,高齢者も手間を掛けずに食べられる食品等々の研究は重要です。
その一方,嗜好性が多様化するなかで,消費行動をいかに的確に把握して食品を開発できるかが鍵になります。すでに食産業関連企業や官公庁で活躍する1600 余名の卒業生を輩出する食産業学群では,こうした課題を自然科学,社会科学両面の学びから解決できると考えています。文系理系を問わず学べる日本唯一の食産業学群で,ぜひ一緒に成長していきましょう。

食産業学群 学群長
西川正純教授

食資源開発学類

入学者に求める能力

動・植物や微生物など,新たな食資源の開発に強い関心を持ち,幅広い科学的知識と技術を身につけ,社会に貢献しようとする人

大学教育を通じて発展・向上させる能力

地域に根ざす食資源の高付加価値化や生産方法に関する知識・技術を養い,科学的素養に基づきながら地域資源を活用し国際的視点で食産業の課題を自発的に解決して,未来を開拓できる能力を育成します。


フードマネジメント学類

入学者に求める能力

食品製造・加工から流通・消費に至る食産業のプロセスについて,サイエンスとビジネスの両面において知識や技術を身につけ,社会に貢献しようとする人

大学教育を通じて発展・向上させる能力

フードシステムの構築に必要なサイエンスとビジネスの両面の知識・技術を養い,科学的素養に基づきながら地域資源を活用し国際的視点で食産業の課題を自発的に解決して,未来を開拓できる能力を育成します。

TOP