看護学群

看護学類:入学定員95名

入学者に求める能力

  1. 人や地域社会,看護に関心を持っている人
  2. 人の喜び,苦しみを分かち合える温かい思いやりを持ち,人との関係を大切にできる人
  3. 科学的探究心を持ち,主体的かつ柔軟な発想で取り組むことができる人
  4. 国の内外を問わず,看護学を通して地域社会に貢献しようと思っている人

大学教育を通じて発展・向上させる能力

看護学群は,生命の尊厳を基盤とする豊かな人間力を備えて,科学的思考とマネジメント能力を持ち,ヒューマンケアを中核とした創造的な看護を展開し,地域の人々,多分野・異文化の人々と協働して学際的に活躍できる人材育成を目指しています。

めざせる資格・免許等

  • 看護師国家試験受験資格
  • 保健師国家試験受験資格(選択)
  • 養護教諭一種免許状(選択)

卒業時に取得できる資格・免許は,「看護師国家試験受験資格」が全員,保健師教育課程を選択した学生は「保健師国家試験受験資格」,養護教諭教育課程を選択した学生は「養護教諭一種免許状」を取得できます。

学群長メッセージ

人間力を基盤に,新たな時代の看護を創造し,実践できる看護専門職を目指す

高橋和子教授

今,社会は大きく変化しています。医療においても,遺伝子や人工知能技術の利用等,想像の世界を超え,現実として利用される時代が到来しています。このような中で,看護専門職は,何を行っていくのでしょうか。看護には,4つの基本的責任があると言われています。それは,健康を増進し,疾病を予防し,健康を回復し,苦痛を緩和することです。健康を求める看護のニーズはあらゆる人々に普遍的です。看護専門職には,ニーズに対応できる時代に応じた知識,対象の状況を理解しようとする共感性や柔軟性,必要な看護を考える創造力,関係者と協働しながら展開できる推進力が求められます。本学では,地域フィールドワークや看護学実習等の科目で,様々な人と対話しながら,看護専門職の基盤となる人間力を培います。新たな時代の看護を創造し,実践できる看護職を共に目指しましょう。

看護学群 学群長
高橋和子教授

看護学類

看護学の基盤となる知識・技術を身につける「専門基礎科目」と,看護学の専門性を深め,拡げる「専門科目」を学年進行に沿って体系的に配置しています。

国際看護プログラム

グローバルな看護職を目指す学生のためのプログラムです。学生が各自ポートフォリオを作成しながら,所定の英語科目と看護専門科目により4年間学び続けます。「実践看護英語演習」では,海外の大学の看護プログラムや医療機関で2週間の研修や学生交流を行います。国際交流を通じて看護学の面白さをさらに実感できます。

災害看護プログラム

災害サイクル各期において支援ができる看護職を目指す学生が,災害看護の基礎的知識と技術を身につけるためのプログラムです。学生は学修を進めるにあたり,1年次から学びの振り返りができるポートフォリオを作成しながら,指定された科目を学びます。また,その学びを活かした災害看護関連のボランティア活動を行うことでさらに深い学びが可能です。

看護学群のキャリア支援

学生一人ひとりの自己実現のために,そして看護職として自律した社会人となれるようキャリア支援を行っています。

卒業後の進路
  • 病院や施設・地域で働く看護師
  • 自治体や企業の保健師
  • 小・中・高・特別支援学校の養護教諭
  • 大学院や助産師養成校への進学

キャリア教育

4年次に学生自身が進路決定できるように,1年次からキャリア開発教育を通して学修します。具体的には ,1年次から3年次まで行われる「キャリアガイダンス」,「医療機関等研究セミナー」,「公務員セミナー」,「養護教諭セミナー」 を開催します。 その中で個々の学生が,自らの適性を考え職業の選択ができる能力を育成します。

就職・進学相談

4年次はキャリア開発担当教員により,学生が希望する進路について「個別相談」を計画的に行います。また,キャリア開発室の進路指導員による就職試験に向けたエントリーシート作成支援や面接対策など,きめ細かな支援を行います。

国家試験対策

「看護師」「保健師」の資格は,国家試験の合格をもって得られる資格です。4年次には,定期的に模擬試験とその解説会を行い,学びを定着させます。また,国家試験直前対策として教員による学習会を行うなど,合格に向けてのサポート体制を構築しています。

TOP