フードマネジメント学類

フードマネジメント学類

Food Research and Studies
Will Take You into the Body and around the World.

食は身体を作るだけでなく,時として世界を動かす。
最先端のサイエンスとビジネスの視点から
食に関わる問題を徹底的に追及する。


栄養から社会まで,「食」のすべてを語れるスペシャリストに

毛利哲教授

「食との関係」と聞いて何を思い浮かべますか ?我々が口にする食材は世界中で生まれ,運ばれ,調理され,生きる糧となります。一口に食と言ってもとても広い分野が関わります。フードマネジメント学類では,「文理融合」を掲げ,食に関わる科学技術から社会現象に至るまで,広く学ぶことができます。1 年次では基礎を,学年が上がるに伴い「食品製造・加工」「食品開発」「食の安全・安心」「食品流通・サービス」の 4 つの履修モデルに基づき専門性の高い科目を学びますが,モデルを超えた履修も可能です。4 年次には集大成としての卒業研究に取り組み,学類全員参加の発表会では活発な質疑応答が行なわれます。また授業や課外活動の一環として県内外の企業と清酒やお土産品などの商品開発も行っており,実践的な学びを得ることもできます。

フードマネジメント学類 学類長
毛利哲教授


授業紹介

食品企業経営論

食品企業経営論

「経営」とは具体的に何をするのか?

数字・仕組み・スキル・機能…「経営」に必要な具体的な視点と基礎を徹底的に学びます。

食品マーケティング論

食品マーケティング論

マーケティング視点で食を捉える

マーケティング論の主要な概念を修得し,食産業の課題にどう適用できるのかを考え,自ら活用できるようになることを目指します。

食材生産・加工実習II

食材生産・加工実習II

食品の「加工」を体験して学ぶ

この実習では食材を加工して様々な食品を作ります。ポイントは,プロセスを意識し,そこで起こる様々な変化を理解していくことです。

食品貯蔵・流通技術論

食品貯蔵・流通技術論

食品保存の温故知新を学ぶ

食品の持つ機能(栄養・健康,おいしさ,安全性)を保つための基盤技術と,それらを応用した先端テクノロジーについて学びます。

食産業政策論

食産業政策論

食品の生産から消費までのルール

食品が生産され消費者に届くまでには,様々な仕組みや法律が背景にあります。そのルールブックを適用実例も交えて実践的に学びます。

品質保証システム演習

品質保証システム演習

現場で使えるHACCPプランを作成

「安全」は食の基本。HACCPシステムの仕組みからプラン構築まで,演習形式でしっかり学びます

食の安全性管理

食の安全性管理

食の安全を確保するしくみとは

基本的な衛生管理から世界標準の品質保証シス テムまで,企業の実践的な話も交えて学びます。

グローバル・フードシステム論

グローバル・フードシステム論

今日の食のグローバル化と貿易

日本の食は6割以上が海外からの輸入です。この食のグローバル化の深化と貿易について理論と現実の両面から学びます。

食品経済・政策論演習

食品経済・政策論演習

自らの視点で食産業を探究する

産業分析の基本的な手法を学び,その後,冷凍食 品製造業やパン製造業など食産業の分析にグ ループで取り組みます。

農産食品学

農産食品学

食事の大部分を占める農産食品

皆さんは農産食品のことをどれだけ知っているでしょうか。米はそのまま食べるのに,小麦はなぜ粉にするのかなどを明らかにします。

専門基礎実験

専門基礎実験

食品成分や微生物の取扱いを学ぶ

加工食品には必ず記載されている食品成分の分析方法や,発酵食品に欠かせない酵母や麹菌の培養方法と性質を実験を通して学びます。

フードコミュニケーション

フードコミュニケーション

安全な食品を安心して食べるとは

食品の「安全」と「安心」は異なります。消費者の心理的な判断である安心と科学的な評価である安全をコミュニケーションでつなげます。

食料・農業・農村政策

食料・農業・農村政策

今日の食料・農業・農村政策

複雑多岐にわたる食料・農業・農村政策を歴史的に振り返り,その今日的必要性を検討・評価し,その現代的な意義を学びます。


Student Voice

池田匠

「文理融合」の学びを通じて,
自身の興味を深める

池田匠さん
宮城県仙台向山高校出身

フードマネジメント学類では,文系・理系問わず幅広い分野から「食に関する知識」を学ぶことができます。専攻学問を決め切れていない方でも,講義を通して自分の興味を見極め,深めることができます。就職の際に学びの証となる「食品衛生監視員」等の資格が取得できることも魅力です。 


取得できる資格

  • 食品衛生監視員
  • 食品衛生管理者
  • HACCP管理者
  • 食の6次産業化プロデューサー

所定科目の単位を取得し,卒業後,所定の要件を満たした場合に上記の資格が取得できる予定です。


研究室紹介

食文化史研究室

食文化史研究室

文化と歴史の視点から,
これからの食産業のあり方を考える

食の文化や歴史の研究を行っています。実際に現地に足を運んで調べる「フィールドワーク」と,過去の人びとが記録した「歴史資料」を手がかりに,教科書では語られてこなかった「食」の文化と歴史を発見し,私たちが生きる現代とその先の未来の食産業のあり方を再考します。

分子調理学研究室

分子調理学研究室

「料理と科学のおいしい出会い」を探る

食材の変化がおいしさにどのように関与するのかなど,調理現象の科学的根拠の解明を行っています。料理のおいしさは,食べるヒトと食べられるモノをともに分子レベルで解き明かしていくことが求められています。調理の科学的知見を集積する「分子調理学」の体系化を目指しています。

発酵化学研究室

発酵化学研究室

古くて新しい「発酵・醸造学」

微生物の発酵作用により味噌や醤油,お酒など様々な発酵食品が造られ・食されています。研究室では,先端科学や発酵微生物の遺伝的解析手法により分析や解析をしています。また,卒業研究から「いちごワイン」や「豆乳チーズ」などの商品開発もしており,「発酵・醸造学」は,古くて新しい学問です。

食品微生物利用学研究室

食品微生物利用学研究室

乳酸菌を食べて健康な生活を過ごそう

乳酸菌の健康増進作用について研究を行なっています。色々な効果が認められる乳酸菌ですが,全てが同じ効果を持つわけではありません。では,一体何がその違いを生むのでしょうか。こういった疑問に答えを出し,新たな機能が付加された乳酸菌の発掘から,商品開発を目指します。

食料消費経済研究室

食料消費経済研究室

食べることの意味を
人間の生と社会から考える

食べることはその生理的作用のみならず社会や人間の意識に意味づけられた活動でもあります。本研究室では,経済・技術のみならず社会,文化,歴史や民俗などから「人間の生とは?」「社会とは?」を問いつつ,現代社会における食の意味を批判的に問い直すという作業を行っています


4年間の学び

4年間の学び


卒業生の活躍

体系的な食の学びを応用し消費者のニーズを捉える

生活協同組合コープあおもり宅配事業部
隅田萌さん(2020 年 3 月卒業)

食品や日用品をトラックで配達し,安全な商品や安心できる暮らしを求める方のお手伝いをしています。配達時の会話から相手のニーズの変化を捉え,寄り添ったサービスを提案できたときに「ありがとう」と言われると,嬉しさとともにやりがいを感じます。現職のベースには,在学中に取り組んでいた宮城大学生協での活動と,「買い物弱者と住み続けられるまちづくり」をテーマにした卒論の研究があります。宮城大学では,食について体系的に学ぶことができましたが,社会人になり,その利点を強く実感しています。消費者のニーズに応えるには,部分的ではなく,全体を理解した上でのコミュニケーションが必要不可欠だからです。今後も,大学での学びをフル活用し,食の安全・安心に関する消費者教育と,自助を促進する住み続けられる地域づくりに取り組んでいきます。


研究で知った発酵の力で おいしさの感動を届けたい

アサヒグループ食品株式会社 研究開発本部商品開発一部
長田彩加さん(2014年3月卒業)

長田彩加

卒業生の活躍

みそ汁やスープのフリーズドライ食品の研究開発を行っています。コンセプトに沿った味を考え,試作し,具材の選定や処理方法を検討し,製造基準書の作成もしています。さまざまな課題をクリアして無事に商品を世の中に送り出し,消費者の方々においしいと言ってもらえることに最高の喜びを感じます。私は宮城大学での卒業研究を通じて発酵の素晴らしさを実感し,発酵食品に興味を持ち,この仕事に就きたいと思いました。宮城大学は技術の分かるマーケター,マーケティングが分かる技術者の育成を掲げており,文系も理系も両方学べます。私も最終的には理系に進みましたが,マーケティングの知識もあるおかげで会社の会議でも開発側から提案を持ち掛けることができています。老若男女それぞれの世代で愛され,感動した記憶が残り続ける。そんな商品をつくっていきたいです。


宮城大学の魅力は キャリア教育の豊かさ将来はベトナムで活躍したい

三谷産業株式会社 ケミカル事業 ライフサイエンス営業課
ファム ティー ゴック ジェップさん(2019年3月卒業)

卒業生の活躍

卒業生の活躍

私の担当する仕事は,食品メーカー向けに海外の食材を販売することや機能性食品の素材の製造を受けることです。食材はヨーロッパや東南アジアから調達しています。受託製造は国内外の協力会社やベトナムの子会社で行っています。現在の会社を知ったのは,在学中に研究室の先生のもとに共同研究の問い合わせがあったことがきっかけです。調べてみるとベトナムで広く事業を展開しており,将来はベトナムで活躍できるのではと入社を決めました。宮城大学の魅力は,先生の優しさと就職率の高さです。就職に関する情報収集やキャリア教育がしっかりしていると感じます。現在は日本国内での営業活動が主ですが,将来はベトナムを含む海外の食品メーカーに対しても販売できるよう,語学を磨き,経験を積んでいきたいです。


大学は,自分の考え方の幅をひろげるチャンス。

株式会社菓匠三全
佐藤有希子さん(2013年3月卒業)

芳賀圭太

卒業生の活躍

卒業生の活躍

お菓子の企画から製造・販売まで一貫して行う現在の会社に入社したキッカケは,地元に貢献したいという想いに加えて,人生の節目や季節を彩るお菓子を通じて,たくさんの人を笑顔にできる仕事に魅力を感じたことです。現在は主に商品の企画・開発を担当していますが,大学時代に食品の生産から加工,流通,お客様に届くまでの一連の流れを幅広く学んだことで,それが自分の強みとなり,現場でさまざまな視点から商品を企画できていると感じます。
お客様の声を直接聞く機会はなかなかありませんが,店舗を通してお客様の喜ぶ様子を感じられた時は,とてもうれしくなります。今後もさらに美味しいお菓子を開発し,一人でも多くのお客様に喜んでいただけるように努めていきたいです。


進路データ

進路データ

TOP