看護学類

看護学類

Nursing with a Look to the Future.

看護専門職としての基礎能力を身につけながら,
同時に看護に大切な“豊かな人間性”と“高い倫理観”を育み,
病院はもちろん,地域・在宅等で広く活躍できる看護職へ。


人の多様性を知って看護実践する力をつけよう

菅原よしえ教授

病院,在宅,地域,学校,企業等の多くの場で,看護が求められています。様々な場には,乳幼児,学童,青年,社会人,高齢者と年代の異なる人々がいます。看護学は,人のすべての年代の特徴を知り,体を知り,心を知り,社会や環境との関係における健康を知って,活動する学問です。看護学群4年間では,多様な場,多様な人々の健康を考え,援助を経験し,看護を必要とする人と共に歩む基礎能力を身につけます。1年次の講義・フィールドワークを通じて養う,広い視野で人や環境を見つめる力と,学生自身が自己成長する力が,看護専門能力を高める土台となります。2〜4年次での学修で重要なことは,看護の専門知識を蓄えること,看護を実践する力を持つこと,看護の専門性を追求することです。今後の多様な社会に対応し,成長し続ける看護専門職を目指していきましょう。

看護学群 副学群長
菅原よしえ教授


Student Voice

グループワークから,コミュニケーション力と広い視野を身につける

看護学類 太齋澪さん 宮城県泉高校出身

太齋澪

講義では,グループに分かれての意見交換や,周囲と相談しながら学習を進める機会が多く,多様な意見に触れることができます。そのため,看護職として必要不可欠なコミュニケーション能力や,視野を広げて考える力を身につけることができます。先生方へ積極的に質問できる距離の近さも,学びを深められる要素のひとつです。
また,1 年次から大きな病院での実習があり,基礎力と実践力を同時に高められることも利点です。2021 年は新型コロナウィルスの影響で実習が中止になることがありましたが,学校設備で臨地を想定し学びを継続できたのは,実践を重視する宮城大学ならではと思います。今後は「災害看護プログラム」での学びを深め,地域に貢献できる看護師になるために,今できることに尽力していきたいです。


授業紹介


資格取得について

資格取得

看護師合格率98.9%,保健師合格率92.7%

看護師国家試験受験資格

看護師国家試験を受験することができる資格です。国家試験に合格することで看護師として働くことができます。看護師は多様な場における保健・医療の第一線で活躍し,予防,治療,回復過程にある人々,そして病気と共に生きる人々が,その人らしく生活し,生きることを支える役割を担っています。

保健師国家試験受験資格

保健師国家試験を受験することができる資格です。保健師は,家庭訪問や健康相談,健診などの各種保健事業により,一人ひとりの健康生活への支援を行います。また,地域の健康データを分析し,健康課題の解決に向けて,地域の人々や関係機関の人々と協働して健康なまちづくりをめざして活動しています。

養護教諭一種免許状

幼・小・中・高等学校・特別支援学校において,児童・生徒の心身の健康管理を行うと同時に,学校の保健教育の担い手にもなっています。いわゆる「保健室の先生」です。

※保健師国家試験受験資格と養護教諭一種免許状は選択制です。いずれか一方を選択できます。

資格取得

資格取得


4年間の学び

4年間の学び


卒業生の活躍

病院全体の医療安全を支える縁の下の力持ちとして

JCHO仙台病院 医療安全管理部 看護師長
倉持由紀子さん(2004年3月卒業)

病院の医療安全管理を担当しています。患者さんや職員の安全を確保し,質の高い医療看護が提供できるようにする仕事です。マニュアル作成や院内のルールが守られているかの確認や指導,職員への安全教育も行っています。責任が大きく大変ですが,関係部門や多職種と一緒に仕事を進める取りまとめ役として,医療事故防止のための縁の下の力持ちとしてのやりがいを感じます。宮城大学では,基本的な知識技術だけでなく,マネジメントの視点や研究的な探究心を育むことができました。その学びは,病院全体を広い視野で把握し,組織横断的に業務を行う現在の職務に活かされています。今後は,社会の変化やニーズが多様化する中で,必要な看護は何かを自ら考え,専門外の職種や地域社会と協働しながら看護の専門性を発揮できる看護師を育てていくことが目標です。


地域での実習経験を役立て市民に寄り添える保健師に

岩沼市健康福祉部健康増進課健康対策係
小野寺皐月さん(2017年3月卒業)

小野寺皐月

卒業生の活躍

乳幼児から高齢者の方まで,市民の皆さんの健康増進に関わる仕事を多岐にわたり行っています。たくさんの市民の方と関わっていろいろなお話を聞いたり,お悩みを共有したり,お子さんの成長を一緒に喜んだりできることにやりがいを感じます。地元の大学で地域を見ながら学修したいという思いがあり宮城大学に入学しましたが,就職してから強く感じたのは,さまざまな病院,地域での実習経験が大変役立っているということです。自分で考える力をつけることができ,多様な意見や考えに触れて視野が広がり,いろいろな視点から物事を捉えられるようになったと思います。まだまだ分からないことも失敗することもありますが,先輩方に助けてもらい,教えてもらいながら経験を重ねていろいろなことを吸収し,地域に寄り添い,市民に寄り添える保健師に成長していければと思います。


地域での暮らしを含む看護の 学びが医療現場で助けになる

東北大学病院小児科 / 看護師
磯部春香さん(2016年3月卒業)

磯部春香

卒業生の活躍

東北大学病院

小児科病棟で看護師として勤務しており,5年目になります。子どもたちは病気を抱える中でも成長・発達しています。寝返りがうてるようになったり,歩けるようになったり,話す言葉が増えたりすることをご家族と一緒に喜べるときにとてもやりがいを感じます。もともと地元の医療に貢献したい思いが強く,県内の病院に就職する卒業生の多い宮城大学を選びました。宮城大学は様々な施設で実習ができることが魅力でしたが,受け入れ施設が多いのは,歴代の宮城大生や就職した先輩方の熱心な姿勢のおかげだと思います。また,宮城大学には保健師国家試験受験資格を得るためのカリキュラムがあり,疾病予防や健康増進,社会資源など,病院内に限らず地域での暮らしにまで視野を広げた学修ができました。退院後の生活を見据えた看護という点で,学びが役立っています。


学生時代の積み重ねが,看護の現場で生きている。

仙台赤十字病院 中央手術室 看護係長
高橋周太郎さん(2003年3月卒業)

高橋周太郎

卒業生の活躍

卒業生の活躍

在学中は,授業で「EBN(Evidence -Based Nursings)」と言われつづけ,自分が行う看護行為の根拠を常に考えさせられました。現在勤めている仙台赤十字病院に就職してからも,日々「その根拠は,何なのか?」を十分に調べることで,自信を持って患者さんと接することができているように,宮城大学での学びが活かせていると感じています。
また,私自身もそうでしたが,社会や看護の現場に出た時,たくさんの患者さんと出会います。その際,一人ひとりの患者さんを理解するためには,多くの知識や技術が必要になります。だからこそ,大学ではなるべく多くの知識を身につけてみてください。社会や看護の現場で得る経験と統合することにより,きっと看護の幅は大いにひろがるはずです。


進路データ

進路データ

TOP