• ホーム >
  • ニュース >
  • 著書・解説記事等(Agrio414号,発酵の教科書,月刊養豚情報 2022年08月01日発売号)

著書・解説記事等

※教員職位は,発行年月日時点の職位

2022年度

新刊

ニッポンの農林水産業に元気を,Agrio第414号

ニッポンの農林水産業に元気を,Agrio第414号

2014年3月創刊の農林水産専門情報サービスです。「6次産業化」「輸出」「TPP対策」などをテーマに週1回発行,農林水産業ビジネスのヒントも満載です。

○出版元:時事通信社,電子版
○発行年月:2022年8月9日

三石 誠司(宮城大学食産業学群教授)がP8-9,アグリ研究室を担当。「コーポレート・ジャパンの飲食サービス業」と題した記事が掲載された。


発酵の教科書 微生物のちからと最新の発酵技術まで

発酵の教科書 微生物のちからと最新の発酵技術まで

発酵について総合的な見方・考え方が身に付く必携本! 脚注の解説が充実! 気鋭の発酵学者が執筆! 近年,発酵を取り巻く環境もすっかり変わってきました。健康志向の中,発酵によってつくられる発酵食品に人気が集まり,古式ゆかしい発酵食品に新たな息吹が加えられています。つまり,発酵は古くて新しい学問になっているのです。発酵の分野は,「食」を豊かにするだけでなく,健康,環境にも影響をおよぼしています。
・発行元: IDP出版
・発行年月:2022年7月28日
・ISBN:4905130409
・著者:金内 誠(食産業学群教授)


月刊養豚情報 2022年08月01日発売号

月刊養豚情報 2022年08月01日発売号

月刊養豚情報は,養豚生産における生産コストの低減,生産効率の向上とともに,衛生管理や安全性・品質向上実現に役立つ国内外の最新情報を発信し続けています。さらに養豚経営において悩みの種である環境対策に関する解説記事や食品リサイクル関連の情報を随時掲載し,養豚経営が地域における資源循環システム,環境保全型農業の推進役ともなれるよう様々な角度から取材を続けています。もちろん生産段階のみならず,豚肉の流通・販売分野の現状や今後のあり方などについての情報も満載。オールカラーのグラビアページでは全国の「ブランドポーク」を詳細に紹介しています。とりわけ,消費者の関心がますます高まっている「安全性」の確保については,その最も効果的な管理手法であるHACCPシステムを中心に,農場生産段階から流通・販売段階に至る安全性確保のための具体的でわかりやすい技術情報の提供に努め,「農場から食卓まで」の安全・安心の実現により,さらに消費者に信頼される国産豚肉の生産・流通体制の確立を願っています。

  • 発行元:鶏卵肉情報センター
  • 発行年月日:2022年8月1日

三石誠司(食産業学群教授)が,P16-21特集「生き残りの知恵と意味―飼料価格高騰・養豚経営・国家戦略―」を執筆。


Making Sense of Diseases and Disasters Reflections of Political Theory from Antiquity to the Age of COVID

Making Sense of Diseases and Disasters
Reflections of Political Theory from Antiquity to the Age of COVID

This book examines diseases and disasters from the perspective of social and political theory, exploring the ways in which political leaders, social activists, historians, philosophers, and writers have tried to make sense of the catastrophes that have plagued humankind from Thucydides to the present COVID pandemic. 

・発行元:Routledge
・発行年月:2022年8月12日
・ISBN:9781032053950
・編集:Lee Trepanier (Professor of Political Science at Samford University, USA.)

ナール マシュー(基盤教育群講師)が「16. The Great East Japan Earthquake Disaster of 2011: An Analysis of Fukushima’s Dialogical Negotiation of Identity」を執筆。

6月

農と食の視点から「命」を未来へつなぐオピニオン誌 季刊 農業と経済 2022年6月発売  88巻2号(2022年春号)

農と食の視点から「命」を未来へつなぐオピニオン誌
季刊 農業と経済 2022年6月発売 88巻2号(2022年春号)

『農業と経済』は農業と食と農村が直面する重要課題について未来を見通して総合的・根底的に考究し,農と食に関わるすべての人に向けて最新の分野横断的な学術研究の成果をもとに課題に取り組む方向性と解決策をわかりやすく提示する季刊オピニオン誌として再スタートしました。2022年春号は「特集 食と地域を支える農業ビジネスの新しいかたち」我々の食と地域を支えてきた農業は,従事者の高齢化が進み担い手が不足するなど危機的な状況にあります。その一方で,①既存の方法に囚われない分業化や専門化,②自由度の高いネットワーク型の産地形成,③住民や消費者と繋がる拠点づくりを通じて地域の食を支える動きなど,ピンチをチャンスに変えようとする新たな農業ビジネスが生まれています。本特集では,こうした動きを紹介するとともにその背景にある地域農業構造の変化を明らかにし,今後も食と地域を支え続けられる農業の姿を展望します。

  • 発行元:英明企画編集株式会社
  • 発行年月:2022年6月30日
  • ISBN:978-4ー909151-53-7
  • 著者:北川太一+伊庭治彦+三石誠司(食産業学群教授)+安藤光義 責任編集

三石誠司(食産業学群教授)が「巻頭言 地域農業の維持と持続的な発展のために──特集に寄せて」と「Ⅰ 農業をめぐるピンチとチャンス1ビジネスの視点から見た日本農業の将来」を執筆。


知の生態学の冒険 J. J. ギブソンの継承5 『動物:ひと・環境との倫理的共生』

知の生態学の冒険 J. J. ギブソンの継承
5 『動物:ひと・環境との倫理的共生』

本シリーズは,ジェームズ・ジェローム・ギブソン( James Jerome Gibson, 1904-1979)によって創始された生態心理学・生態学的アプロー チにおける重要なアイデアや概念――アフォーダンス,生態学的情報,情報に基づく直接知覚説,知覚システム,視覚性運動制御,知覚行為循環,探索的活動と遂行的活動,生態学的実在論,環境の改変と構造化,促進行為場,協調など――を受け継いだ、さまざまな分野の日本の研究者が,自分の分野の最先端の研究を一種の「エコロジー」として捉え直し,それを「知の生態学」というスローガンのもとで世に問おうとするものである,全9巻。5巻「動物」は,動物の権利をめぐる歴史と現況を紹介し,動物利用問題をアフォーダンス理論を用いて整理する。動物が自由をもって生きる権利を正当に認め,同時に人も生存可能となるような人と動物の倫理的共生のあり方を考察する。

  • 発行元:東京大学出版会
  • 発行年月日:2022年6月7日
  • ISBN978-4130151856
  • 著者:谷津裕子(看護学群教授)
  • 河野哲也・三嶋博之・田中彰吾[シリーズ・編]

5月

令和4(2022)年3月16日の福島県沖の地震 災害調査速報

令和4(2022)年3月16日の福島県沖の地震 災害調査速報

この報告は2022年3月16日午後11時36分,福島県沖で発生した M7.4 の地震による建築物の被害調査を緊急にまとめたものです。この地震では宮城県登米市,蔵王町,福島県相馬市,南相馬市,国見町で最大震度6強の揺れが観測されております。 日本建築学会東北支部では災害調査連絡会(委員長 佐藤 健 東北大学教授)の主導により災害委員会(東北支部代表委員 堀 則男(東北工業大学教授)と連携し調査体制を組み,調査対象別に 5つのワーキング・グループが設けられ,迅速な現地調査が実施されました。

  • 発行元:日本建築学会東北支部災害調査連絡会
  • 刊行日:2022年5月31日

小地沢将之(事業構想学群准教授)が第4章「生活関連の被害」を主査としてとりまとめ,このうち第2節を執筆。


ニッポンの農林水産業に元気を,Agrio第403号

ニッポンの農林水産業に元気を,Agrio第403号

2014年3月創刊の農林水産専門情報サービスです。「6次産業化」「輸出」「TPP対策」などをテーマに週1回発行,農林水産業ビジネスのヒントも満載です。

○出版元:時事通信社,電子版
○発行年月:2022年5月24日

三石 誠司(宮城大学食産業学群教授)がP2-3,巻頭記事を担当。「コーポレート・ジャパンとしての食品製造業   」と題した記事が掲載された。


『看護技術』2022年6月号 Vol.68 No7 通巻989号

『看護技術』2022年6月号Vol.68 No7 通巻989号

抑制に頼らない看護―急性期医療での取り組み―,編集協力/小藤幹恵。がん患者の妊孕性温存療法,執筆/大友陽子

  • 発行元:メヂカルフレンド社
  • 発行年月日:2022年5月20日
  • 雑誌コード:401060

※看護学群佐藤真央,風間逸郎(看護学群教授)が,研究レポート「気管支喘息患者に対する水泳の有用性―エビデンスに基づく看護での実践指導へ―」を執筆。
  

4月

ブラジルの歴史を知るための50章 (エリア・スタディーズ(ヒストリー)187)

ブラジルの歴史を知るための50章 (エリア・スタディーズ(ヒストリー)187)

国土の広大さ,人口の多さから「未来の大国」と認められながら,経済不況に陥る大国ブラジル。しかし,市場の大きさではブラジルの重要性は今も変わっていない。移民が国家形成に重要な役割を果たしたブラジルの人種混淆の歴史と現在の不平等も描き出す待望のブラジル史入門書!

  • 出版元:明石書店
  • 発行年月:2022年4月10日
  • ISBN:4750353868
  • 著者:伊藤 秋仁 (著, 編集), 岸和田 仁 (著, 編集)

三石 誠司(宮城大学食産業学群教授)がpp.342-348,第46章を担当。


大日本農会会誌「農業」 Journal of The Agricultural Society of Japan NO.1689

大日本農会会誌「農業」 Journal of The Agricultural Society of Japan NO.1689

農事講演会や農業懇話会の内容,表彰者の業績・意見,調査研究会の検討状況などのほか,その時々の農政の動きなどについての寄稿文を随時掲載する。会誌「農業」を毎月1回刊行し,会員をはじめ広く関係者にお読みいただいています。

  • 発行元:公益社団法人大日本農会
  • 発行年月日:2022年4月1日
  • ISSN 0288-0105

三石誠司(食産業学群教授)が,P4-5論壇「チキン・ブラジル・ウクライナ」を執筆。

過去の著書・解説記事等

TOP