ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地ホーム > 教育情報 > 大学院科目等履修生概要

大学院科目等履修生概要

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年6月9日更新

大学院(看護学研究科・事業構想学研究科・食産業学研究科)

出願資格

次のいずれかに該当する方とします。

  1. 学校教育法(昭和22年法律第26号)第83条に規定する大学(以下単に「大学」という。)を卒業した方
  2. 学校教育法第104条第4項の規定により学士の学位を授与された方
  3. 外国において、学校教育における16年の課程を修了した方
  4. 外国の学校が行う通信教育における授業科目を我が国において履修することにより当該外国の学校教育における16年の課程を修了した方
  5. 我が国において外国の大学の課程(その修了者が当該外国の学校教育における16年の課程を修了したとされるものに限る。)を有するものとして当該外国の学校教育制度において位置付けられた教育施設であって、文部科学大臣が別に指定するものの当該課程を修了した方
  6. 外国の大学その他の外国の学校(その教育研究活動等の総合的な状況について、当該外国の政府又は関係機関の認証を受けた者による評価を受けたもの又はこれに準ずるものとして文部科学大臣が別に指定するものに限る。)において、修業年限が3年以上である課程を修了すること(当該外国の学校が行う通信教育における授業科目を我が国において履修することにより当該課程を修了すること及び当該外国の学校教育制度において位置付けられた教育施設であって5に規定する文部科学大臣の指定を受けたものにおいて課程を修了することを含む。)により、学士の学位に相当する学位を授与された方
  7. 専修学校の専門課程(修業年限が4年以上であることその他の文部科学大臣が定める基準を満たすものに限る。)で文部科学大臣が別に指定するものを文部科学大臣が定める日以降に修了した方
  8. 学校教育法施行規則(昭和22年文部省令第11号)155条第1項第6号の規定により文部科学大臣が指定した方
  9. 大学に3年以上在学した者、外国において学校教育における15年の課程を修了した者、外国の学校が行う通信教育における授業科目を我が国において履修することにより当該外国の学校教育における15年の課程を修了し、我が国において外国の大学の課程(その修了者が当該外国の学校教育における15年の課程を修了したとされるものに限る。)を有するものとして当該外国の学校教育制度において位置付けられた教育施設であって文部科学大臣が別に指定するものの当該課程を修了した者であって、本学大学院において個別の入学資格審査により、所定の単位を優秀な成績で修得したと認めた方
  10. 本学大学院において、個別の入学資格審査により、大学を卒業した者と同等以上の学力があると認めた方で、22歳に達した方

※9又は10により出願される場合は、事前に本学の入学資格審査を受ける必要があります。
 入学資格審査申請受付:平成29年6月12日(月)~6月19日(月)まで
 平成29年度入学資格審査様式はこちらから [Wordファイル/81KB]

開講科目

授業概要

  • 本学ウェブサイトから見ることができます。→シラバス (「5 授業科目,授業の方法及び内容並びに年間の授業の計画に関すること」をご覧ください。)
  • ウェブサイトからの閲覧が難しい場合には、電子メールかFAXで送付いたしますのでお問い合わせください。

授業時間について

 授業は、原則として月曜日から金曜日まで、時間割に沿って行われます。(授業の開始・終了時刻は下表のとおりです。)
時限1時限2時限3時限4時限5時限6時限
時刻8:50~
10:20
10:30~
12:00
12:50~
14:20
14:30~
16:00
16:10~
17:40

17:50~
19:20

※時間割は、諸事情により変更される場合があります。あらかじめ承知願います。

Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
お持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)