ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地ホーム > 食産業学部 > 酒造メーカーと取り組んだ日本酒製造プロジェクト

酒造メーカーと取り組んだ日本酒製造プロジェクト

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年7月31日更新

大学生の純米大吟醸【大学生の純米大吟醸】

食産業学部の学生が株式会社新澤醸造店様の協力のもと日本酒を製造しました。
これは、「日本伝統の技術を継承するために酒造りを体験してもらいたい」との新澤醸造店新澤巖夫社長の思いと、「若者に馴染みのない高級な飲み物というイメージを払しょくする日本酒を造ってみたい」という食産業学部の学生の希望が合致して実現したプロジェクトです。
24名の学生が、酒造場の宿舎に交代で泊まり、2月初旬から約1ヶ月間の仕込みを行いました。寒い時期の厳しい作業でしたが、新澤醸造店の社員の皆さんと共に「どこにも負けない美味しいお酒を造ってみたい」との情熱で乗り越え、最終日には皆が笑顔で終えることができました。
出来上がった日本酒は、宮城大学の学生らしく、フレッシュな香と味の純米大吟醸です。 


※販売に関するお問い合わせは、
 宮城大学生協太白キャンパス店まで

電話:022-307-1048
営業時間:平日8:30~18:15(通常期)※大学夏季休業期間中は短縮営業予定


非表示
食産業学研究科