ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地ホーム > 食産業学部 > 坪沼農場

坪沼農場

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年3月9日更新

 坪沼農場は食産業学部の附属農場です。人々の生活を支える食産業の生産から加工に至る過程を対象とした教育・研究の場を提供し、食産業および地域社会へ貢献することを目的として設立されました。
 今日、食の安全・安心と国産の食材に対する関心が一層高まっています。ここでは、生産者の苦労や知恵、工夫、大地からもたらされる食材の価値を認識できる実験実習プログラムを行っており、食材を大切に扱う気持ちや、無駄にしないための意識を育てています。
 さらに、大規模圃場や農業環境を利用した試験研究を推進しているほか、公開講座や講習会などの社会活動を通して、地域との連携を図るとともに情報発信に努めています。

坪沼農場坪沼農場

施設概要

坪沼農場 太白キャンパスから南西に約8km離れた太白区坪沼に、坪沼農場があります。ここでは、水稲・畑作、蔬菜および畜産の分野における農場実習を実施しています。その他、フィールドを活用した自然環境に関する教育研究や、中、大家畜を使った試験などを行っています。

坪沼農場での実習教育

坪沼農場食材生産実習、食材生産・加工実習、動物生産実験実習Ⅰ、動物工学実験実習Ⅰなど

詳細はこちら

坪沼農場での試験研究

坪沼農場での試験研究

  • 葉根菜類の抽苔に関する研究
  • オゾンを利用した栽培法の開発
  • “しもふりレッド”銘柄豚の産肉性に関する研究
  • 高免疫性選抜系種豚の開発
  • 養豚のための乳酸菌添加発酵パン飼料開発

 など

坪沼農場での公開講座、地域連携事業

公開講座

地域連携事業

  • 国際植物の日「高校生のための植物バイテク講座」
  • 地域企業との養豚用エコフィード開発
  • 東北大学大学院および宮城畜産試験場との共同研究
  • 大学間連携事業(コミュニティープランナー育成事業)
  • 親子のための公開講座

 など

坪沼農場アルバム

農場で撮られた写真を掲載。子豚の写真は必見です。

詳細はこちら


非表示
食産業学研究科