ディプロマ・ポリシー(大学院)* 

宮城大学大学院

宮城大学大学院博士前期課程では,以下の要件を満たした者に対して,修士の学位を授与する。

  1. 専門分野に関する専門的知識と技能を身に付けるとともに,世界的な視野と幅広い視点を有している。
  2. 高い倫理観・責任感・使命感を持ち,高度専門職業人または研究者として,地域社会における様々な課題の解決のために積極的に貢献する意志を有している。
  3. 社会の動向や学問の発展状況に常に関心を持ち,自らの高度専門職業能力または研究力の向上に取り組むことができる。
  4. その他,各研究科のディプロマ・ポリシーで示す要件

宮城大学大学院博士後期課程では,以下の要件を満たした者に対して,博士の学位を授与する。

  1. 専門分野に関する高度な専門的知識と技能を身に付けるとともに,世界的な視野と豊かな学識を有している。
  2. 高い倫理観・責任感・使命感を持つとともに,高度専門職業人としての卓越した能力または独創的な研究を自立して遂行できる能力を有し,それらを活かして地域社会や学問の発展に貢献する意志を有している。
  3. 社会の動向や学問の発展状況に常に関心を持ち,自ら研鑽を怠ることなく,高度専門職業人または研究者としての能力・資質の向上に取り組むことができる。
  4. その他,各研究科のディプロマ・ポリシーで示す要件

看護学研究科

看護学研究科博士前期課程では,以下の要件を満たした者に対して,修士(看護学)の学位を授与する。

  1. 看護学一般に関する知識・技術に加え,専門とする看護学領域に関する高度な看護実践力と学際性を有している。
  2. 看護専門職としての高い倫理観・責任感・使命感に基づき,看護実践への貢献ができる。
  3. 専門とする看護学領域の最新の知見を看護実践現場に合わせて適用するとともに,新たな知見を得るための研究活動を遂行できる。

看護学研究科博士後期課程では,以下の要件を満たした者に対して,博士(看護学)の学位を授与する。

  1. 専門とする看護学領域に関する高度な看護実践力を基盤として,学際性・国際性の視座から人の生涯にわたる健康を支援する看護を開発できる。
  2. 看護実践や教育研究の改革を推進できる看護専門職としての高い倫理観・責任感・使命感に基づく高度な,実践力・教育力・管理力・研究力を有している。
  3. 生涯健康支援看護学の観点から自律的に研究活動を遂行し,組織的に看護実践の質向上に貢献できる高度看護実践指導者又は看護学教育研究者として先導的に取り組む意志を有している。

事業構想学研究科

事業構想学研究科博士前期課程では,以下の要件を満たした者に対して,修士(事業構想学)の学位を授与する。

  1. 地域社会における事業構想の実現のための専門的知識及び技能を有している。
  2. 専門領域における知識・技能を軸としてそれらを発展させ,事業の構想や推進のための方策を立案できる。
  3. 社会の動向や時代の流れに関心を抱き,自らが取り組むべき課題を見出し,それを高度専門職業人あるいは学術研究者としてそれぞれの立場から積極的に活動できる。

事業構想学研究科博士後期課程では,以下の要件を満たした者に対して,博士(事業構想学)の学位を授与する。

  1. 産業事業システム又は地域社会システムを対象に事業構想とその実現のための高度な専門知識及び実践能力を有する。
  2. 事業の創出や地域社会の課題抽出とその解決の方策を立案でき,さらにそれらを体系的かつ論理的にモデル化できる。
  3. 研究成果を活かしつつ,産業や地域社会の発展をリードするプロジェクトマネージャ,研究者として貢献できる。

食産業学研究科

食産業学研究科博士前期課程では,以下の要件を満たした者に対して,修士(食産業学)の学位を授与する。

  1. 食産業のニーズや課題及び食生活の課題に応えることのできる専門的知識及び技術を有している。
  2. 専門領域における知識と技術を発展させ,食産業の発展に寄与するための方策を立案できる。
  3. 流動する食産業の動向から,直面している課題を認識して自ら答えを導き実践することができる。

食産業学研究科博士後期課程では、以下の要件を満たした者に対して、博士(食産業学)の学位を授与する。

  1. 食産業学の専門領域における深い学識と高度な研究手法並びに専門能力を備えている。
  2. 食産業学における学識と技術・能力を基盤とし、自らの研究課題を発掘し、高い倫理性のもと,自立的に研究し課題の展開及び解決ができる。
  3. 食産業に関する研究成果の公表や、その研究法を駆使することで、高度化・複雑化する食産業の世界を導くことができる。

TOP