教育研究上の目的(学群)*

宮城大学の目的

本学は,地域社会及び国内外の大学・研究機関等との自由かつ緊密な交流及び連携のもとに,看護,事業構想,食産業及びそれらの基盤となる学問に関する教育研究を行うことにより,学術文化の振興に資するとともに,豊かな人間性,高度な専門性及び確かな実践力を備えた人材を育成し,もって地域の産業及び社会の発展に寄与することを目的とする。

関係規程:宮城大学学則


各学群の目的

看護学群

生命の尊厳を基盤とする豊かな人間力を備えて,科学的思考力とマネジメント能力をもち,ヒューマンケアを中核とした創造的な看護を展開し,地域社会及び多分野・異文化の人々と協働して学際的及び国際的に活躍できる人材を育成すること。

事業構想学群

現代社会の諸課題を多角的・グローバルな視点で論理的にとらえ,その課題解決に向けた事業を実行可能かつ持続可能なものとして構築する能力を身につけるとともに,豊かな人間性を基盤として地域資源の活用や新たな価値創造を志向し,産業,行政及び社会の各分野で先導的役割を担うことができる人材を育成すること。

食産業学群

食資源開発及び食材生産から食品製造・流通・消費に至るまでのフードシステムについて幅広い科学的知識と技術を持ち,豊かな人間性に基づいて食産業全体及び地域社会を理解し,東北地域から世界まであらゆるレベルで食の未来を開拓できる意欲と能力を有する人材を育成すること。

関係規程:宮城大学学則

TOP