看護学研究科

研究科長メッセージ

看護専門職として生涯を通じて学び続ける

原先生

看護学研究科長 原 玲子 教授

 看護学研究科博士前期課程は「基盤看護学」「成熟期看護学」「次世代育成看護学」「広域看護学」の4分野があり、学部教育から博士後期課程の「生涯健康支援看護学」までの教育・研究活動が連動しています。また東日本大震災を踏まえ、災害の中・長期的な健康課題を解決していくための看護専門職の必要性から、「広域看護学分野」に「災害看護学領域」が設置されています。
 博士前期課程は、高度な実学を基盤とした教育・実践・研究活動を通して、地域現場の課題に対応できる知識・技術や研究能力を持ち、高度な実践能力を備える専門的な看護職の養成をめざしており、『研究能力養成コース』と『専門看護師(CNS)養成コース』を設けております。博士後期課程は、看護の各専門領域の専門性を統合・包括し、人の生涯にわたる健康支援を総体的に捉える「生涯健康支援看護学」を柱として、高度に専門的な知識と実践力ならびに自立的な研究能力を持つ高度看護実践指導者、看護教育研究者の育成を目指しています。
 大学院での学修を通して、看護専門職としての専門的な視点や研究的視点を高め、看護の現象をとらえて自ら解決していく力を体系的に学修していきます。
 また、本研究科では就業しつつ学びやすいよう、社会人入学制度や長期履修制度を設けており、数多くの学生が活用しています。
 大学院で学んでみたいと思っていらっしゃる方は、ぜひ一度大学教員や大学事務部にご相談ください。宮城大学看護学研究科で、看護学の発展に向けて共に歩んでいきましょう!


博士前期課程

基盤看護学分野

すべての看護学分野の基盤として位置づく看護学分野です。
基礎看護学領域/感染看護学領域/看護管理学領域

成熟期看護学分野

心身の健康問題をもつ成熟期の人々とその家族の健康を支援する看護学分野です。
成人健康看護学領域/がん看護学領域/精神健康看護学領域/老年健康看護学領域

次世代育成看護学分野

次世代を担う人々やその育成に関わる人々の健康を支援する看護学分野です。
母性健康看護学領域/小児健康看護学領域

広域看護学分野

地域生活を基盤に,個人・家族・集団および療養者の健康を支援する看護学分野です。
地域健康看護学領域/在宅健康看護学領域/災害看護学領域

実学を基盤とした教育・実践・研究活動をとおして、保健医療福祉に貢献する高度専門職業人を養成することを目標として、「研究能力養成コース」「専門看護師養成コース」の2コースを設置しました。
(1)研究能力養成コース(全領域に設置)

保健医療福祉の現場における看護の質の向上のために、利用者中心の看護の視点からの研究活動を通じて、看護学が扱う現象を科学的に追究できる研究能力を養成します。

(2)専門看護師養成コース(感染看護学領域/老年健康看護学領域/がん看護学領域)

保健医療福祉の現場における課題を科学的思考及び研究的視点で多角的に分析でき,課題に実効的に取り組むために必要な高度な実践力を備えた専門看護師を養成します。
なお、感染看護学領域については、修了生が平成24年度に専門看護師として認定試験に合格しました。

教育方法の特徴

(1)看護現場の実践的課題に応じる理論・方策・技術等の開発を行います。
(2)現任看護職と学部進学者との相互作用効果を生み出す教育を行います。
(3)専門分野を基軸とした責任ある複数指導体制により研究指導を行います。
(4)関係資格(専門看護師)の取得を支援します。


博士後期課程

博士後期課程は、生涯健康支援看護学分野1つで構成しています。人の生涯にわたる健康支援という総体的視点に立ち、各看護専門領域を統合・包括した看護支援方法について教育研究を行う看護学分野です。

教育方法の特徴

(1)看護の対象となる人々のライフステージや健康レベル、健康障害の種類・程度、生活の状況、生活拠点等の特性を包括的・横断的な視点でとらえ、統合的・縦断的な視点から生涯にわたる人々の健康と生活の質の向上を目指した看護支援方法の開発・研究を行います。
(2)専門分野を基軸とした責任ある個別指導体制、小集団指導体制、大集団指導体制により研究指導を行います。


社会人への配慮・教育状況等

入学者のおよそ9割が社会人学生であり、徐々にその割合も増加していることから、平成21年度より、学則において長期履修制度や教育方法の特例を新たに規定するなど、修学環境整備に力を入れています。

長期履修制度

職業を有し、かつ就業している方で、標準修業年限で修了することが困難である場合や、育児、介護等により標準修業年限で修了することが困難である場合等には、申請後、審査を経て、長期履修の制度を活用することができます。

教育方法の特例

学生の職務状況に合わせて夜間や土曜日・日曜日、長期休業期間の開講や、必要に応じてコンピュータネットワークを利用した指導を行います。


教育目標・教育ポリシー


教員紹介


論文


シラバス

TOP