ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地ホーム > 看護学研究科 > 宮城大学大学院看護学研究科セミナーを開催しました

宮城大学大学院看護学研究科セミナーを開催しました

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年11月20日更新

2014年度宮城大学大学院看護学研究科セミナーを開催しました(11月7日)

研究科セミナーの様子

看護学研究科では11月7日(金)に研究科セミナーを開催しました。これは本学の教員・大学院生・大学院修了生および現役の看護職を対象としたもので、今年で4回目の開催となります。
今回は「看護関連施策の動向と課題」をテーマに、独立行政法人地域医療機能推進機構の石原美和先生をお招きし、最新の情報を交えながらご講演いただきました。
石原先生は、長年に渡って厚生労働省の様々な部署でご活躍され、とりわけ保健医療看護福祉における政策に関わり、多くの功績を残されています。講演ではこれまでに取り組まれた「東日本大震災における支援活動」「高齢者介護施設における感染対策」「市町村保健師による生活習慣病重度化予防のための保健指導の効果検証のための大規模研究」「在宅療養する重度者への新しい看護サービスの創設」の4事例をご紹介いただきました。さらに「施策の実現に向けてやるべきこと」について、具体的にお話しいただきました。
大変エネルギッシュなご講演で、受講者は、政策策定に向けて全国を回り、肌で感じ取ったことから課題を明確にするとともに、先進的な取り組みを行っている方々から直接話を聞くことで、実効性の高い取り組みに繋げている石原先生の様子が目に浮かんだようです。