ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地ホーム > 食産業学研究科 > 在学生の声

在学生の声

印刷用ページを表示する 掲載日:2013年9月6日更新

水産物加工残道中の未利用機能性成分に関する研究

◆畑中 和成 さん  修士課程2年(食品イノベーション領域) ※2013年現在

畑中さん全国でも有数の水産県である宮城県では、水産加工場で生じる加工残渣の処理が従来から問題となっており、これらの有効利用が求められています。私はこの加工残渣中の脂質成分に着目し、栄養機能性素材としてアトピー性皮膚炎や2型糖尿病に対する有用性の研究を行っております。
宮城県は東日本大震災により壊滅的な被害を受けました。水産業・水産加工業が復興を遂げると同時に、この栄養機能性素材の活用が実現でき、震災復興支援の一助となることを期待しております。