ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地ホーム > 食産業学研究科 > 修了生の声

修了生の声

印刷用ページを表示する 掲載日:2013年9月6日更新

生物多様性に配慮した農業農村整備のために

先崎 悠介さん 平成24年度修士課程修了生

先崎さん私は、食産業学研究科・農村生態工学研究室でアカトンボ保全の研究をしてきました。私は幼いころから抱いてきた生物への興味から、当研究室への進学を決めました。研究者とは知的好奇心を自己完結せず、学術的な成果へと昇華し、社会貢献するものです。大学院ではそうした研究者としての基礎を学びました。
現在私は、農村整備の技術者として働いています。特に農村整備での生き物保全は、始まったばかりの若い分野です。宮城大学大学院で学んだ先進技術を活かして農地整備の新たな領域を率いていくのが私の目標です。