• ホーム
  • 学群・大学院等
  • 新着情報
  • 事業構想学群 田邉教授らによる座談会「2020年以降の不動産市場~過去をひも解き,将来をどう見通すか~」が月間不動産鑑定の5月号,6月号に掲載

新着情報

20.04.03

事業構想学群 田邉教授らによる座談会「2020年以降の不動産市場~過去をひも解き,将来をどう見通すか~」が月間不動産鑑定の5月号,6月号に掲載

国内外を代表する不動産市場のメンバーによる「2020年以降の不動産市場~過去をひも解き,将来をどう見通すか~」と題する座談会が,宮城大学事業構想学群・田邉信之教授の司会により,2020年3月5日に実施されました。

平成年間の不動産市場を振り返り,将来の市場のあり方を議論するなかで,各メンバーの幅広い知識・経験が披露され,今後の市場の成長のための数多くのインプリケーションが得られました。

本座談会の内容は,月間不動産鑑定の5月号,6月号の2回に分けて掲載される予定です。

座談会参加者

不動産鑑定 Appraisal&Finance

月刊『不動産鑑定』は,昭和39年,わが国における不動産鑑定評価制度の発足と同時に創刊して以来,すでに半世紀を超え,今では鑑定評価を中心に,不動産に関する最も権威ある専門誌という評価を確立しています。『不動産鑑定』は鑑定業務従事者はもちろん,不動産鑑定士試験受験者,実務修習生,および仲介・売買・管理等の不動産業関係者や自治体担当者等への有益な情報を提供しています。

教員プロフィール

TOP