Keyword

在宅看護学、訪問看護師

地域で活躍する訪問看護師の育成を促進します

千葉 洋子

看護学群

千葉 洋子

Chiba Yoko

助教/修士(看護学)

研究内容・実践活動

団塊の世代が75歳以上になる2025年が近づいている中、訪問看護利用者数は年々増加し、訪問看護師の需要も高まっています。既卒の看護師のみならず、新卒訪問看護師の育成も提言され、育成プログラムが確立されつつある現状です。しかしながら、訪問看護師に魅力を感じつつも、いざ就職するとなるとハードルの高さを感じる看護学生や看護師が多くいます。
私は新卒訪問看護師として就職し、訪問看護のやりがい・楽しさ・難しさを体験してきました。自身の経験から「訪問看護師になりたい」という意欲を維持して自己研鑽し、かつ研修プログラムが整備されていれば、訪問看護師として成長できると確信しています。そこで研究活動として、看護学生達が固定観念にとらわれることなく、自己のキャリア展望をイメージし、訪問看護師として一歩を踏み出せるように支援する教育プログラムの開発に取り組んでいます。

平成29年度版看護白書 P4を基に作成

平成29年度版看護白書 P4を基に作成

訪問看護利用者数(介護保険)

産学官連携の可能性

・訪問看護師の研修プログラム、支援体制等、育成に関する事項についてお手伝いします。特に、新卒訪問看護師の育成について積極的に取り組んでいきます。
・病院における退院支援の勉強会で情報提供するなど、地域での在宅看護の発展をお手伝いします。

TOP