Keyword

がん看護,乳がん看護,緩和ケア,臨床看護

がん患者の治療や生活を援助し,がん経験者を支える

菅原 よしえ

看護学群

菅原 よしえ

Sugawara Yoshie

教授/博士(看護学)

研究内容・実践活動

現代では多くの方が,がんを経験します。治療の進歩により延命できるようになってきていますが,治療の副作用の負担,数年に渡り治療が続くことによる負担は大きくなっています。がんにかかったことでの気持ちの落ち込みをやわらげ,治療に向かう気持ちを支えるための援助に関する研究に取り組んでいます。がん患者さんの支えの一つが家族です。家族ががん患者の治療を支え,生活を維持するためには,聴くこと,話すこと,気持ちを分かち合うことが大切です。左の画像は,乳がん患者の家族のためのパンフレットの一部です。パンフレットでは,がんにかかった時の自然な気持ちの揺れを知ることや,気持ちを分かち合う手段の一つとして,リンパ浮腫予防のケアを兼ねた簡単な体操を紹介しています。
がんを経験した方が同じ経験をしている方の力になる患者会(ピアサポーター)の重要性が注目されています。看護実践活動,研究活動で得た知識をもとに,がん患者会の支援をおこなっています。また,災害時のがん患者への支援についても研修会等を開催して取り組んでいます。

乳がん患者さんのリンパ浮腫ケアを兼ねた簡単な体操

乳がん患者さんのリンパ浮腫ケアを兼ねた簡単な体操

乳がん患者会パセリのピアサポーター研修会

乳がん患者会パセリのピアサポーター研修会

がん化学療法室における災害時机上シミュレーション

がん化学療法室における災害時机上シミュレーション

産学官連携の可能性

・がん当事者,その家族,看護師等の援助者に対して,がんが人に及ぼす影響やその際の対処や支援について,情報提供ができます。
・がん患者さんのための研究や企画についての検討をお手伝いできます。

TOP