Keyword

食の安全、SDGsの目標への対応、食と農の担い手確保などの政策課題の解決

持続可能な地域づくりの諸課題を「食と農」に関わる様々な取組で解決をめざします!

作田 竜一

食産業学群

作田 竜一

Sakuta Ryuichi

教授/農学士

研究内容・実践活動

持続可能な地域づくりを考える際に、「食と農」に関する政策課題を解決する取組からアプローチすることが極めて有効です。「食の安全」の確保としてフードチェーンの様々な段階におけるリスクの軽減や消費者とのコミュニケーション、「SDGsが掲げる目標への対応」として食産業や行政を中心とした地域を代表するステークホルダーが果たす役割の分析・整理と取組の推進方法の構築、「食と農の担い手確保」に貢献する農業と福祉が連携した障害者就労の推進など、「食と農」に関わる様々な政策課題について、課題解決に向けた実践的な方策の調査・研究しています。
また、地域に密着した実践的な活動として、町内会と大学が連携した取組を「食」をキーワードとして、地域の方々と一緒に様々な問題を考え、対応策に取り組んでいます。

安全な食品提供と安心した消費の相互関係の構築

安全な食品提供と安心した消費の相互関係の構築

地域づくりに貢献する食と農に関する政策課題とSDGsの個別目標の関係

地域づくりに貢献する食と農に関する政策課題とSDGsの個別目標の関係

産学官連携の可能性

・「持続可能な地域づくり」の実現を目指して、地域で中心となる食産業分野の企業や地方行政の方々と連携して、「食の安全」、「SDGs」、「農福連携」などの政策課題を実現可能な取組として整理・構築し、推進するお手伝いをいたします。

TOP