Keyword

看護職のキャリア開発、目標管理、看護管理

小~中規模病院における「看護師のキャリア開発ラダー」の導入をお手伝いします

原 玲子

看護学群

原 玲子

Hara Reiko

教授/看護学修士

研究内容・実践活動

1970年代後半、クリニカルラダーの考え方が日本に入ってきてから、臨床に勤務する看護師の成長をサポートするしくみとして、キャリア開発ラダーの研究と実践に取り組んできました。
平成22年に新人看護職員臨床研修制度が努力義務化されてからは、多くの病院では、新人看護師の教育を開始しました。しかし、「2年目以後の教育が続かなくて・・・」等の声をよく聞きます。
今日、病院に就職希望の看護学生の病院選択の要件の「第1位は、新人看護師の研修制度がある」「第2位は、その後の継続教育を行っている」「第3位は、ゆとりがある」でした。また、病院の規模に関係なく、看護師は、「責任のある仕事がしたい」「成長したい」というニーズを持っていました。
組織の規模、組織のビジョンにそったラダーシステムの導入が望まれています。

キャリア開発ラダーのつくり方のテキスト

キャリア開発ラダーのつくり方のテキスト

講義資料の一部

講義資料の一部

産学官連携の可能性

・臨床実践のラダーを導入したいと思っていても、何から手を付けたらよいかわからない等、システムのしくみもさることながら、運用面での検討がつまづきの原因だったりします。
・データに基づいた「モデルプログラム」に沿って、病院それぞれのレベルに応じた「キャリア開発ラダーシステム」の導入をお手伝いします。

TOP