Keyword

チーム学校,メンタルヘルス(心の健康),多職種連携,危機支援,養護教諭

子どもたちの健やかな成長を支える「チーム学校」の実現を目指しています

相樂 直子

看護学群

相樂 直子

Sagara Naoko

准教授/博士(カウンセリング科学)

研究内容・実践活動

不登校,いじめ,発達障害,事件・事故,自然災害に関するメンタルヘルス等,子供たちの課題が多様化・複雑化しています。これらはいずれも,学校,保護者,地域の関係機関等が連携・協働し,チームとして対応することが必要となります(文部科学省, 2015)。
一方,学校では連携や協働の重要性は認識されているものの,実践化するには様々な課題があります。スクールカウンセラーやスクールソーシャルワーカーなど,専門スタッフの活用についても検討が必要です。
子どもたちの心身の健やかな成長を目指し,学校におけるチームでの取り組みに関する以下の研究・実践活動を行なっています。
①養護教諭の多職種連携教育・多職種連携実践
②子どもたちの事件・事故,自然災害に関する支援
③学校におけるメンタルヘルスリテラシー教育

保健室・職員室からの学校安全  事例別 病気,けが,緊急事態と危機管理 vol.1, vol.2

保健室・職員室からの学校安全
事例別 病気,けが,
緊急事態と危機管理 vol.1, vol.2

スクールカウンセラーと教師のための「チーム学校」入門 半田一郎編 2020 日本評論社

スクールカウンセラーと教師のための「チーム学校」入門 半田一郎編 2020 日本評論社

KHB東日本放送・報道情報番組「チャージ」:宮城県の不登校児童生徒に関するインタビュー

KHB東日本放送・報道情報番組「チャージ」:宮城県の不登校児童生徒に関するインタビュー

産学官連携の可能性

・学校における連携・協働に関する研修を行うことができます。
・小・中・高校生を対象としたメンタルヘルス(心の健康)に関する授業を行うことができます。
・不登校や発達障害,いじめ等に関する教育相談(カウンセリング),教員や保護者を対象としたコンサルテーションを実施することができます。

TOP