Keyword

健康寿命の延伸,健康づくり,公衆衛生,地域,まちづくり

様々な視点から,人々の「健康づくり」への効果的なアプローチについて探求しています

鈴木 智美

看護学群

鈴木 智美

Suzuki Tomomi

助教/修士(公衆衛生学)

研究内容・実践活動

健康寿命の延伸を目指し,各自治体では,様々な工夫を凝らした事業を展開したり,取り組みが推進されていますが,なかなか成果が見えづらかったり,課題解決に結びつかないなど,課題も多くあるのが現状です。
「健康づくり」は保健・医療・福祉分野だけでなく,他分野との連携・協働により,健康づくりへのアプロ―チの可能性がどんどん広がります。そのためには,まずは他分野と手を組み,横断的な取り組みを推進できるような連携体制の構築が不可欠です。その体制を整備し,人々の健康づくりが後押しされるような「まちづくり」を目指し,効果的なアプローチ方法について模索しています。
また,自治体が保有する保健・医療・介護に関するデータの活用方法についても研究を進めており,地域住民の健康課題を明確化し,より効果的な保健事業展開,健康施策につなげることを目指しています。
このように,様々な視点から人々の「健康づくり」を考え,より効果的なアプローチの可能性を共有し,実践へと結びつけるような支援を積極的に行ってまいります。

産学官連携の可能性

・健康づくりの視点から,まちづくり支援のお手伝いをいたします。
・地域における健康課題の明確化,健康増進計画やデータヘルス計画等の策定・評価について,支援いたします。

TOP