Keyword

英語教育学,第二言語習得,外国語教授法,早期英語教育

小学校英語から考える効果的な英語学習法

川井 一枝

基盤教育群

川井 一枝

Kawai Kazue

准教授/博士(国際文化)

研究内容・実践活動

研究分野は英語教育学・第二言語習得・小学校外国語活動などで,日本人英語学習者を対象に,Learning(どのように学習・習得されるか)・Teaching(どのように指導すれば学習や習得が進むか)両方の観点から幅広く研究しています。「授業」内の様々な事象が研究対象になります。
教授法の中では,音楽やリズムに乗って英語を学習・指導する「チャンツ」に着目しています。キャロリン・グレアムがアメリカ標準英語の発音(特に強勢拍リズム),語彙や定型表現の習得を目的として開発した「ジャズチャンツ」がルーツです。音楽やリズムが単調な反復練習を楽しい雰囲気にかえ,学習者の気持ちをリラックスさせると言われています。学習者の「発話に対する不安」を減少する役割もあるのではないかと考えています。
日本語の「モーラ拍リズム」で話す日本人が,英語の「強勢拍リズム」で発話するのは大変難しいものですが,リズムやイントネーションは「通じる英語」の基盤です。「チャンツ」を発音練習に上手く取り入れれば強力なツールとなるでしょう。

習熟度別参加者の前後差 JSPS科研費JP15K02689, JP18K00872の助成

習熟度別参加者の前後差
JSPS科研費JP15K02689,
JP18K00872の助成

参加者の音声波形例 JSPS科研費JP15K02689, JP18K00872の助成

参加者の音声波形例
JSPS科研費JP15K02689,
JP18K00872の助成

ブルームのタキソノミー JSPS科研費JP19K0305の助成

ブルームのタキソノミー
JSPS科研費JP19K0305の助成

産学官連携の可能性

  • 小学校英語に関する教員研修の他,講演可能なテーマは「第二言語習得に基づいた効果的な英語学習」「児童英語の世界」「英語の歌とチャンツ」「英語の多読」などです。

TOP