Keyword

加齢、アトピー性皮膚炎、不飽和脂肪酸、糖尿病、ポリフェノール、機能性食品、マクロファージ、寄生虫、粘膜免疫、サイトカイン

感染症や代謝性疾患に関わる免疫系のメカニズム解明と疾患モデルを用いた予防・治療への展開

森本 素子

食産業学群

森本 素子

Morimoto Motoko

教授/博士(医学)

研究内容・実践活動

1.消化管に感染する寄生虫を用いて、免疫系や粘膜の細胞がどのように体を守っているのかというメカニズムについて研究しています。
2.ヒトでも動物でも皮膚疾患には免疫系の細胞が重要な役割を持っています。アトピー性皮膚炎に効果がある物質や保湿に関わる新成分について研究し、スキンケア剤の開発に携わっています。
3.加齢によって様々な体の不具合が生じます。腸内細菌の変化に注目し、代謝を改善することで加齢期の生理機能不全を解決しようと考えています。
4.代謝性疾患に関与する免疫系の研究から、慢性炎症病態を改善する免疫応答の誘導の可能性について探求しています。

スキンケア剤の開発例

スキンケア剤の開発例

消化管の免疫染色の例

消化管の免疫染色の例

消化管の病理組織解析の例

消化管の病理組織解析の例

産学官連携の可能性

・食品成分や天然物質または新規合成物質の免疫系への作用や機能性について、培養細胞や実験動物を使って解析したいという場合にお手伝いできます。具体的には、糖尿病・アトピー性皮膚炎に対する薬効を評価したり、免疫賦活作用を確認することができます。

TOP