Keyword

農業経済学

予察情報と農家の意思決定について研究しています

紺屋 直樹

食産業学群

紺屋 直樹

Konya Naoki

講師/博士(農学)

研究内容・実践活動

農業の生産現場では、気象の変化などの不確実性にさらされています。不確実性を減少させるには、農薬の利用法、環境や健康に関する農薬の残留性などの情報、病害虫に関する知識などの情報を農家に提供する必要があります。また、情報源が私的・公的に関わらず、より正確な情報の提供が重要です。そのような情報が農家の意思決定にどのように影響をあたえるのかについて研究を行っています。

発生予察の例

発生予察の例

産学官連携の可能性

・農業者の行動もふまえた、発生予察システムの開発

TOP